スポーツ障害

激しい運動で痛めた身体には、それに相応しい処置や施術プランが必要です!

最近は、健康志向の増加によって適度な運動をライフスタイルに取り入れるなど、スポーツを楽しむ人が増加しているように感じます。それと同時に、身体のことを考えずにスポーツを行い、身体に負担がかかってしまうという症例も増えているような気がします。
そのように、スポーツをしている間、またはその期間中に身体の一部を傷めてしまうことをスポーツ障害といいます。
スポーツで受けた身体への障害は、適した処置と施術を行うことがとても重要です。間違えた処置を行うと、治りが遅くなったり、施術後も違和感を覚えることが多くなったりすることも考えられます。スポーツによって身体に痛みなどの違和感を覚えたら、すぐに専門家の話を聞いて施術に専念していただくのが一番だと思います。

スポーツ障害に関する学園前整骨院の強み

(1) 患者様一人ひとりに合ったテーピング

スポーツ障害の施術で重要な役割を占めるテーピング。ただガチガチに固めるだけではなく、患者様の症状やライフスタイルに合った巻き方をするので、治療中も日常生活にできるだけ支障をきたさず、早期回復にも繋がると評判です。
また、長期間のテーピングは肌に負担を与えますが、そのあたりも考慮して施術させていただきますので、ご希望をお聞かせください。

(2) マラソンの救護ドクターとしての経験

当院の院長は奈良マラソンや大阪マラソンで、救護チームとしても活躍しています。そのため、マラソンで起こりうるトラブルや、実際にスポーツで起こった障害についても多くの症例と向き合ってきた経験と実績があります。スポーツを通じて起こった身体に関するトラブルをお持ちの方はお気軽にご相談ください。

(3) ただ治すだけではなく、早期復帰を目指した施術

痛みを軽減したり、施術を行ったりなど即効性を重視した施術だけではなく、当院が目指すのはその先もスポーツを楽しめる身体づくりです。
施術に時間をかけてしまうと筋力低下の恐れもあり、怪我をした部分だけではなく、それ以外の運動能力も低下させてしまいます。施術中の適度な運動やトレーニング、リハビリ方法や食事方法などのアドバイスなども、これまでの経験をもとに行いますので、一緒に早期復帰に向けて進みましょう。

筋肉痛

温めたりマッサージをしたりする前に、まずは「冷やす」ことが重要です!

筋肉痛は、激しい運動による筋肉の伸縮などが原因となって痛みを感じます。筋繊維が伸びきった状態で力を出そうとするため、筋繊維に小さな断裂を起こし痛みを伴うのです。
運動後はストレッチ体操などを行い、筋肉の柔軟性を取り除く「クールダウン」をすると、筋肉痛の予防にもなります。
筋肉痛が起こると、「温かいお風呂に入って温めよう」とか、「念入りにマッサージをしよう」と考える方が多いですが、その前に患部を冷やす「アイシング」を行うことがとても重要です。
まずはアイシングをした後、入浴やマッサージで血行を良くして施術を行います。

肉離れ

肉離れをしたら「ストレッチをして筋肉を伸ばす」は間違いです!

肉離れは、陸上やサッカーなど走ることの多い競技の時によく起こります。身体の全重量を支えると言っても過言ではない太ももや腓腹筋が収縮している際に、自分が出した筋力に耐え切れず部分断裂を起こすことで発生します。激しい痛みを感じ、歩くことも困難だと感じるので、すぐにストレッチをして筋肉を伸ばそうとする人がいますが、それは間違いです。できるだけ患部を固定して安静にします。患部を冷やすことも重要です。
症状が和らいだら、低周波治療器などを使って電気で刺激を与えながら筋肉の拘縮を取りのぞく施術になっていきます。

捻挫

捻挫は無理に動かしても早く治りません。まずは安静をこころがけましょう!

手首や足首の捻挫は、どのスポーツでも多く見られます。捻挫は関節に過度の強い力がかかり関節が捻られることで靭帯が損傷してしまいます。痛みを感じ、動かすことも困難になり、早く治そうと無理に動かす人もいますが、それは逆効果です。まずは安静にしておくのが一番です。
アイシングで冷やした後、安静にしておくことで回復を早めます。逆に、患部の圧迫や挙上を行うと循環障害を起こす原因にもなりますので、注意が必要です。

打撲

打った場所によっては精密検査も必要!外部だけでは確認できない症状もあります。

打撲は、ラグビーや格闘技のように相手とぶつかるなど激しいスポーツで多く起こる症状です。身体を何かに強く打ちつけて皮下出血を起こしてあざができたり、酷ければ内出血も起こり骨化性筋炎となって手術が必要になったりする場合もあります。気になったら放置しておかずに、専門家に相談しましょう。
打撲も安静にして冷やす治療を行いますが、頭部などの打撲は、意識障害の要因ともなるので早めに病院の診断を受けましょう。その時は症状が見られなくても、後になって吐き気や痺れ、麻痺などが起こることもありますので、診察を受けることをオススメします。また、他の部分でも骨や内臓に異常がないかを見てもらいましょう。まずは当院にご相談いただいても大丈夫です。

突き指

突いた指は引っぱってはダメ!逆に完治を遅らせ、症状を悪化させる原因になります。

激しく飛んできたボールを素手で受け取るスポーツで起こりがちなのが突き指です。
バレーボール、バスケットボール、野球や、サッカーのゴールキーパーも注意が必要です。指は繊細な部分でもあるのと同時に、これらのスポーツでは指の使い方が決め手になることも多いので、できるだけ突き指にはなりたくないものです。運動前に念入りなストレッチを行って、関節を柔らかくしておくと予防にもつながります。突き指でよく誤解されているのが「引っ張れば治る」というものです。しかし、それを行うと逆に脱臼や腱の炎症を引き起こすこともあるので注意してください。また、簡単に突き指だからと放置しておくのではなく、骨折や腱の断裂を起こしている場合も考えられますので、専門家に見せることをオススメします。

脱臼

脱臼は関節を戻せばいいだけではない!?処置は整復のプロに任せる!

激しく動き回るスポーツでは、人との衝突が避けられないこともあります。そんな時に起こりがちなのが脱臼です。柔道・スキー・スノーボード・ラグビーなどは要注意です。脱臼をすると、「自分で関節をはめてみる」ことにチャレンジしようとする人がいますが、それは危険です。脱臼した関節を戻すことを「整復」というのですが、「柔道整復師」という職業があるくらいですから、ちゃんとその専門家がいるのです。そして整骨院には柔道整復師がいます。柔道整復師はただ関節を戻すだけではなく、その後の靱帯への処置もします。脱臼すると痛いので、少しでも早く治したい気持ちもわかりますが、間違っても自分で治そうなんて思わずに、脱臼した際は整骨院にご相談いただきたいと思います。

椎間板ヘルニア

症状が酷ければ外科手術になる場合も。治療と並行して、適度な運動も必要です!

椎間板ヘルニアは、椎間板が背中側にはみ出すことで起こる症状です。骨や筋肉が弱くなることが発症の原因と言われていますので、ウォーキングなどの適度な運動も効果的だと言われています。痛みを感じるからと言って、安静にしておくだけでは、筋肉が弱くなってしまう一方なので、バランスよく行うことが重要です。
スポーツでは、テニスやゴルフなど上半身を捻る運動が多いので起こりやすいとされています。自然治癒でも対処できる症状が多いのも特徴的ですが、そのまま放置して症状が悪化してしまうと外科手術も必要になった症例もありますので、もし不安を感じるようでしたら整骨院まで一度ご相談いただきたいと思います。

ジャンパー膝

スポーツ能力の低下を防ぐために、計画的な施術と運動をご提案します。

ジャンパー膝とは、ジャンプ動作に多いスポーツで起こりやすく、膝に負担をかけてしまい起こる症状です。
陸上のジャンプ競技やバレーボール、バスケットボールでも多いでしょう。着地した時は、自分の体重ほどの衝撃をそのまま膝に与え、腱の損傷から炎症を起こします。そのまま放置すると骨に影響を与えるので、早めの処置が必要です。運動後は少しでも膝への不安を減らすようにアイシングを行うと炎症を抑えることができます。しかし、膝への負担を減らすためにずっと安静にしているのは逆効果です。膝を休めている間に、他の筋肉が衰えてしまいスポーツをすることそのものに影響を与えてしまいます。
患者様の症状とご要望を聞きながら、一日でも早く気兼ねなくスポーツができる身体に戻すために、それに相応しい施術と運動が行える計画をご提案させていただきます。

疲労骨折

外見では診断できない疲労骨折。発見までに時間がかかるからこそ早期改善を!

特別激しい運動をしたり、何かに激しくぶつかったりしたわけでもないのに痛みを感じるなどの症状があれば、疲労骨折を起こしている可能性があります。疲労骨折とは、何度も骨に同じような負荷を与えてしまったことで骨膜に損傷を起こす症状のことを言います。
肋骨や足の甲や脛など、比較的に弱い骨が集まっている箇所に多く起こります。
骨折だからと言って骨がはっきりと折れるわけではないので、安静にして治療を行いますが、もし早期改善を希望されるのであれば超音波治療機を使用するのがポイントです。
しかし、今後のことを考えると、焦らずに着実に施術を進める方法を選んでいただきたいと思います。患者様のご希望に沿って、患者さまが望む方針を選んでいただけます。

野球肩

原因はオーバーヘッドスローイング動作。身体に適した練習プログラムを!

野球の投球時に肩より上から投げる動作をオーバーヘッドスローイング動作と言います。
それが原因によって肩を痛めてしまうのが野球肩です。野球は多くの練習が美徳であるという印象がありますが、身体のことを考えずに無理な練習プログラムを重ねてしまうと、その野球をすることも困難な状況になってしまいかねません。適度な練習プログラムを考えて実践し、もし肩に違和感を覚えたら負担をかけているサインなので、投球フォームなどを見直すことも大切です。
もし野球肩になった場合、長期的な施術というよりは、今後も楽しくスポーツをするために筋力の低下を防ぐため早期回復を目指し集中的に施術を行います。

テニス肘

サポーターは有効ですが、頼りすぎるのもNG!運動前には念入りにストレッチを!

テニスをする人に多い症状から「テニス肘」という名称が付いていますが、正式には「上腕骨外側上顆炎」といいます。肘から手先にかけての筋肉を使いすぎたことで起こる症状で、筋肉が硬くなっている状態のまま手首を動かすことで起こるので、運動前にはストレッチを行い、筋肉を緩めてあげることが防止に繋がります。
また、痛みや違和感を覚えたら、サポーターをつけて運動を続ける人もいます。サポーターは有効ですが、長時間使うと血行不良の原因にもなります。また、サポーターも身体に合ったものを選ぶ必要があり、年月の経ったサポーターは劣化してしまい逆効果になってしまうこともあります。慢性的な症状になるまえに、専門家のアドバイスを受けましょう。

ランニング障害

ランナー人口の増加に伴い増える症状。自分の身体とキチンと向き合って走りましょう!

最近ではマラソン大会の開催が多くなり、ランナー人口も増えている傾向にあります。
それと同時に増えているのがランニング障害と呼ばれる、走ることで身体に無理な負担をかけて出てしまう症状です。身体の一部を痛めてしまい、悪化して日常生活に支障をきたす例も多く見受けられます。特にランナー膝・股関節の肉離れ、足の脛に起こる新スプリント(頚骨疲労性骨膜炎)、足底腱鞘炎などがあります。
特にマラソンブームに乗り、十分な身体の準備も出来ていない中で距離やタイムを意識してマラソンに挑戦し、気付かないうちに障害を起こしている人も少なくありません。
まずは自分の身体の状態をよく知り、適した距離とスピード、それに合ったランニングフォームなどを考慮したうえで始めるのがいいでしょう。

TEL:0742-31-1335