学園前整骨院

MENU

骨盤矯正

骨盤矯正とは?

出産などで歪んだ骨盤を整える施術です

出産などで歪んだ骨盤を整える施術です

骨盤は、仙骨や恥骨、大腿骨や股関節といったもので構成されている部分で、人間の体の「土台」とも言えます。

本来、骨盤は正面から見て逆三角形になっているのが理想的とされていますが、出産や日常生活の悪い習慣などが原因で歪んでしまう(開いてしまう)ことがあります。

体の土台である骨盤が歪んでしまうと、見た目が悪くなるだけでなく、頭痛や肩こりなどの不定愁訴、膝痛、股関節痛、冷え性、生理不順など、様々な不調の原因となります。

奈良県奈良市の学園前整骨院では、こうした骨盤の歪み・開きによって引き起こされる症状でお困りの方に、骨盤矯正を行っています。
骨盤の歪み・開きを整えて、健康な体が手に入れられるようにサポートさせていただきます。

こんな症状でお困りではありませんか?

  • 頭痛や肩こりなどの不定愁訴がある
  • 膝が痛む
  • 下半身がむくんでいる
  • 股関節が痛い
  • 猫背になっている
  • O脚・X脚で悩んでいる
  • 冷え性を何とかしたい
  • 生理痛がひどい
  • よく便秘になる
  • 出産後、体型が元に戻らない
  • 産後太りを解消したい
  • 産後の尿漏れが続いて困っている
  • 起立時、体のバランスが悪いと感じる
  • 片方の靴だけ磨り減る
  • ネックレスがいつも同じ方向にずれる

など

このようなことでお困りの方は、お気軽に奈良県奈良市の学園前整骨院までご相談ください。

骨盤矯正ではこんな効果が期待できます

  • 頭痛や肩こりなど、不定愁訴の改善
  • 関節痛の緩和
  • 下半身のむくみの解消
  • 猫背の改善(姿勢が良くなる)
  • 新陳代謝が高まって、太りにくくなる
  • 産後太りの改善
  • 生理痛の改善
  • 便秘の解消
  • 体脂肪の燃焼を促進

など

このように骨盤の歪み・開きを改善することで、様々な効果が期待できます。
つらい症状でお悩みでしたら、是非一度、当院の骨盤矯正をお試しください。

どうして出産により骨盤が歪むのか?

「骨盤に繋がっている筋肉」がポイントです

女性の骨盤は元々、男性よりも広いのですが、妊娠中は特にお腹の中に赤ちゃんがいるので、お腹が前に出て骨盤が開きやすくなります。

出産後、開いた骨盤は元の位置に戻ろうとしますが、この時、骨盤に繋がっている筋肉(足の内側の内転筋)が伸びていると、正しい形にならず開いたままとなり、産後太りや体型の変化(洋ナシ型のぽっこりとしたお腹)、産後の尿漏れが続くなどの症状が起こります。

骨盤矯正では、「骨盤に繋がっている筋肉(足の内側の内転筋)」がポイントで、ここを鍛えることで骨盤の乱れ・開きを改善することが可能となります。

そのため、当院の骨盤矯正では手技で矯正するというよりも、筋肉トレーニングをメインとしたプログラムによって内転筋を強化して改善をはかります。

「日常生活の悪い習慣」の改善も大事です

骨盤の歪み・開きは、横座りやあぐらなど、体にとって良くない姿勢を長時間続けることでも起こります。

当院の骨盤矯正では、こうした「日常生活の悪い習慣」の改善も大切に考えていて、こうした習慣の改善をアドバイスすることも施術の1つであると位置づけています。

産後の骨盤矯正は3ヶ月以降からとなります

産後の骨盤矯正は3ヶ月以降からとなります

当院では、出産後3ヶ月以内の方への施術は基本的にお断りしています。

3ヶ月以降の方でも、施術に対して不安がありましたら、一度担当の医師へご相談いただいてから施術を受けられることをおすすめします。

当院へご相談いただいてもかまいません。

当院には出産を経験したスタッフもおりますので、出産後のデリケートなお体に十分に配慮して安心・安全に施術させていただきます。

産後の骨盤矯正について不安・疑問などがございましたら、お気軽に当院までお問い合わせください。

当院の骨盤矯正の特徴

筋トレをメインとしたプログラム

骨盤矯正と聞くと、骨をバキバキと鳴らす手技による施術をイメージされるかもしれませんが、当院では手技による施術はほとんど行いません。

それよりも、骨盤の歪み・開きの重要ポイントである「骨盤に繋がっている筋肉(足の内側の内転筋)」を強化するために、筋トレをメインとしたプログラムを行っています。

ここを鍛えることで、骨盤の歪み・開きは解消されていきます。

生活習慣の改善をアドバイス

生活習慣の改善をアドバイス

当院の骨盤矯正では、「日常生活上の悪い習慣」の改善の方を重視しています。

例えば、乳幼児がいらっしゃる方は、日常的に赤ちゃんを抱っこすることになりますが、この時、正座で抱っこすることはできません。

赤ちゃんが楽な姿勢というのは、抱っこする側にとってはどうしてもしんどい姿勢になります。歪んだ姿勢でないと抱っこできないのです。

そうなると、出産により歪んだ(開いた)骨盤が元に戻りにくくなり、骨盤のほか、背中などでも痛みが起こるようになります。

こうした場合には、抱っこする時の姿勢に変化を加えたり、ソファの座り方を変えたり、いつも右足を上にしてあぐらをかいているのなら、左足を上にしたりするなどして、ちょっとした工夫でいつもの習慣を変えられるようにアドバイスします。

普段の習慣というものは、なかなかご本人では気づけないものです。
それに気づかせてあげて、適切にアドバイスすることも骨盤矯正の一環だと考えています。

ご自宅できる簡単なトレーニングを指導

当院での筋トレだけでなく、ご自宅でも簡単にできるトレーニングを指導して、より効果的に骨盤の歪み・開きが改善できるようにサポートします。

当院の骨盤矯正は、通常、5回で効果を確認することになりますが、この間、毎日ご来院していただくのではなく、1~3週目までは週に1回のペースでお越しいただき、ご自宅でのトレーニングの成果をチェックさせていただきます。

4~5週目以降は、2週間に1回のペースでのご来院となります。

こうして1~2週間といった期間をあけるのは、その間に指導したトレーニングを実践していただいて、ご自身の自然治癒力を高めてもらう狙いがあります。

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

求人案内

スタッフブログ

top