2017.11.30更新

寒くなってくるとお風呂が恋しくなりますよね?

そんなお風呂ですが気を付けないといけないことがあります汗

 

冬の適切な入浴方法とは?


入浴前に十分な水分補給を
だいたい15分前までに水分を補給すると体への負担が少なくなります。
水分を摂る時は白湯など暖かい飲み物をとるようにしましょう。
ただし、入浴前のアルコールはNGです。

これは、アルコールには血管を拡張して一次的に血圧を低下させる働きがあるためです。
血液がドロドロしているとヒートショックのリスクが高くなりますので

水分を補給して血液の粘度を下げましょう。

 

浴室や脱衣所は温めよう
服を脱ぐ前にヒーターで脱衣所をよく温めておきましょう。

寒さを感じると血圧があがります。

服を脱ぐ前と脱いだ後の気温差が少なくなるようにしましょう。
浴室暖房がある場合は、浴室暖房を使いましょう。
浴室暖房が無い場合は、壁にお湯をかけたり浴槽に蓋をしない

高い位置からシャワーで給湯するなど

浴室内が蒸気に包まれて暖かくなるようにしてください。

 

浴槽につかる前に必ず「かけ湯」
いきなり湯船に入らずに、かけ湯をしましょう。
心臓に遠いところ、つま先や手の指先からお湯をかけるようにしましょう。
お湯の温度は熱すぎず冷たすぎない38℃から40℃くらいがベストです。
湯温は40℃前後で
湯船に浸かる時はジャボンと入らずに

水圧に慣れるためにもゆっくりつかるようにしましょう。
湯温が高い(42℃)お湯につかると血圧の変動が

さらに大きくなるという報告もあります。
お湯の温度はぬるめの38~40℃に設定するように心がけましょう。
ぬるい温度でじわじわ体を温める方が

熱い温度のお風呂に入るより負担も少なく体が芯まで温まります。
物足りないなら体を温める効果のあるものを、一緒に入れましょう。
ゆず、ミカンの皮、大根の葉、ヨモギ、ドクダミなどがおすすめです。

 

朝風呂は危険!
血圧が不安定な朝いちばんの入浴はヒートショックのリスクが大変高くなっています。
お茶を飲んだり軽く体を動かしたりして

頭と体が十分動くようになってから入浴するようにして下さい。

 

 

 

 交通事故(むちうち)やケガでお困りの方も、
「学園前整骨院」
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-31-1335(予約優先制)

 

投稿者: 学園前整骨院

2017.11.29更新

紅葉が美しいこの季節は、散歩するにも最適な季節です笑う
みなさま「歩くこと」が身体にいいということは、一度は聞いた事がありますよね。

さらに歩くスピードについて、2011年アメリカで発表された興味深い研究結果があります。

これは、3万4485人の方を対象に、最大21年をかけて追跡調査したものです。

この間に1万7528人の方がお亡くなりになったのですが、これらの人が亡くなった年齢と

もっとも因果関係があったのが「歩くスピード」。つまり、歩くのが遅い人は

早く亡くなり、速い人は長く生きたというデータなのです。

具体例としては、75歳の男性が85歳まで生きた割合は、歩行速度が最も速い(毎秒1.6m)グループでは87%、

最も遅い(毎秒0.2m)グループでは19%でした。ふだん歩くスピードが遅い人は要注意ですね。

 

 

歩くためにはエネルギーが要ります。心臓や肺が悪い人は、歩くスピードがどうしても遅くなります。

股関節を痛めた人も、歩きづらいのでスピードが出ません。

腰から下の筋肉は「第2の心臓」と呼ばれています。
それは、下半身の筋肉がしっかり動くことで、血液が心臓に戻るようにできているからで、

グイグイ歩ける人は十分に戻ります。ですが歩くスピードが遅くなってくると、心臓に戻る血液が少なくなります。
つまり、足腰が弱ると心臓も一緒に弱くなってしまうのです。
そうなると、動きたくない、ちょっと疲れたら休むというような行動に変わり、いつしか動けなくなってしまいます。

また別の調査では、男性で歩幅の狭いグループと歩幅の広いグループの認知機能低下が

発生するリスクを調べてみたところ、歩幅の広いグループのリスクを1とすると、

歩幅の狭いグループは3.4倍、女性の場合だと実に5.8倍もリスクが高いことが分かりました。
ある程度歩幅を維持するために足腰や筋肉を強くしておくことが、認知症はじめ

さまざまな病気の予防・改善につながり、ひいては健康寿命をのばすことにつながるのですclover

 

 

早速、ご自身の今の体調にあわせて無理のない程度から、いつもよりすこしだけ歩幅をとって

やや速足で、散歩をしてみませんか?chick

 


交通事故(むちうち)やケガでお困りの方も、
「学園前整骨院」
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-31-1335(予約優先制)

 

投稿者: 学園前整骨院

2017.11.25更新

女性に多い冷え性について。
男性と比べて女性の方が冷え性の人が多いイメージですよね?
冷え性=女性特有の症状。決してそうではありませんが、

イメージとしてそのように捉えている方もおられると思います。

約7割の女性が『自分は冷え性だ』と感じておられます。
一方で男性は女性の半分の割合で『冷え性』だと感じておられます。

そんな中で、なぜ女性には冷え性の方が多いと考えられるのでしょうか?

 

女性に冷え性が多い5つの原因
そ・れ・は・・・
• 月経がある、子宮・卵巣がある
• ファッション
• 間違ったダイエット
• 女性ホルモン(ホルモンバランスの乱れ)
などが挙げられます。思いあたる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

月経がある、子宮・卵巣がある
月に1度の生理は、どうしても血液の量が減ってしまいます。
血液量が減ると、身体に運ばれる酸素の量も減ってしまうため、

身体のエネルギーが不足しがちになります。

エネルギーが不足すると、体内で熱を作るのが困難になるので、

その結果、体温が上がりにくくなってしまします。

また、女性にあって男性にない、卵巣や子宮といった内臓は血液の循環が他の臓器と比べて悪いです。

したがって体全体に熱がうまく伝わりにくいので、冷え性になりがちです。

ファッションについて
ファッション性を追求する事で、体温調節を考えていない方は
改善する必要があると思うのです。
服を重ね着することで、空気の層を作ることができ、保温効果が高まります。
冷え対策・冷え性対策には1枚余分にという事を心がけてください。

間違ったダイエット
正しいダイエット法をする事は、美容にも健康にも良い事なので
すごく頑張るべきですが、どうしても皆さんは間違った
ダイエットをしている様なきがします。
その間違いが、食事制限のダイエットでしょう。
しっかりと医学的に基づいた食事の制限であれば問題がないのですが・・・
テレビや雑誌をうのみにした独自の食事制限ダイエットはしばしば栄養不足を起こします。

栄養が不足すると、身体の中で熱を作るエネルギーが足りなくなるので、
低体温の原因になるのです。

 

それらに気をつけて冷え性への予防をしましょう。
女性ホルモン(ホルモンバランスの乱れ)
女性ホルモンのバランスが乱れる

自律神経が乱れる

体温調節・血液循環がうまく行かなくなり冷えるという事なのです!!
体が冷えていることが自律神経やホルモンバランスの乱れを誘発する場合もあります。

冷え性でホルモンバランスの乱れも感じているという方は

何か一つだけを改善しようとは思わず、

身体のバランスを整える全体的に気をつけて下さい!

ま・と・め・
冬は寒さによる体力の消耗や、急な天候の変化による身体の不調が出る方が多いようです。

身体を休めたり温めたりして、日常生活でも気を付けてケアしてみてみてはいかがでしょうか?

 

交通事故(むちうち)やケガでお困りの方も、
「学園前整骨院」
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-31-1335(予約優先制)

 

投稿者: 学園前整骨院

2017.11.24更新


交通事故で1番多いのは「頚椎捻挫」いわゆる【むちうち症】です。

整形外科などでレントゲンを撮ってもらっても、痛いところに異常がないので、湿布や

飲み薬を処方されるのが現状であります。

なかなか、湿布や飲み薬では症状は改善されないですし、痛みが取れてきたと思っていても

それは単に、時間が経って人間の自然治癒力で痛くなくなっただけです。

根幹を治療しないと、やはり後遺症が残ります。
(雨の前の日に頭痛がしたり、首や肩のコリ感が増したり…)

交通事故の予後を左右するのは、リハビリであると考えております。

そこで今回は、当院の治療法の紹介をさせて頂きます。

来院初期は、辛い部分の痛みを取る為の治療(キュア)を行い、その痛みが関連している全身の

バランスを診て、患者様に合った治療計画を立てていきます。

中期~後期にかけては交通事故患者に特化したリハビリ、特に筋力トレーニングやストレッチ、

日常の生活指導
等をプラスして行います。

「治療期間はどれくらいかかりますか」と、患者様からよく受ける質問ですが、

治療期間の平均は3~5ヶ月です。
(※ケガの程度や事故の種類、痛みの大小によって期間が変わり個人差があります。)

痛みの取れ方は個人差もありますが、早い方で7~15日程で70~80%の痛みが取れておられます。

しかし、痛みの軽減から「治りました」とは言いにくいのが現実です。

つい、痛みが少しでも取れると治ったように感じてしまいます。

でも、根幹の痛みが取れてないので完治とは言えません。

痛みが軽減しても、ちょっとした拍子にまた痛みが振返したりします。

痛みが軽減してから復帰するまでの間のリハビリが、予後をどう過ごせるかのポイントになります。

後遺症なく予後を過ごすには…

①受傷後はすぐに治療を開始する事

②症状に合わせた治療法(リハビリ)で、最後まで諦めず治療する事

だと感じています。

リハビリテーションの意味は「再び本来の状態に戻す」ということです。

これまで交通事故の後遺症で悩んでいる方をみてきましたので、これから携わる患者様には

この苦痛を味わってほしくありません。

交通事故に遭われた時は、すぐに病院へ行き診断してもらって下さいね!

その後、リハビリをきちんと受けて下さい。

分からないことやお困りのことがあれば、お気軽にお問合せ下さい。
(相談料無料)


交通事故(むちうち)やケガでお困りの方は「学園前整骨院」
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-31-1335(予約優先制)

 

投稿者: 学園前整骨院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

TEL:0742-31-1335