2017.10.27更新

まだまだ人気のマラソン!!

そこでランナーさんに質問。。

【走る】と【歩く】の違い。ご存知ですか?

速度!とか・・・も、そ~やけどね。。うう


答えは~

両足が同時に地面から離れる瞬間がある移動方法を走る

常にどちらかの足が地面についている移動方法を歩くというのです

つまり

【走る】こととは、小さなジャンプの繰り返しなのです

【走る】方は着地の衝撃が大きく、一歩ごとに身体に受ける重さは体重の約3倍の衝撃を受けます

ちなみに【歩く】方は体重の1.2倍です

体重60kgの人の例を挙げると、【歩く】時の着地の衝撃は72kgなのに対し

【走る】時に身体に受ける衝撃は180kgにもなります!!

これはスゴイ数値です!

このことからわかることが・・

膝や足首にものすごい負担がかかる!!

だから十分な準備運動が必要だということです


【走る】ことに大切なコト

1 【走る】ために必要な筋肉を知るということ

2 自分にあったシューズを選ぶこと

3 走る前に行う身体のケア

この事に気をつけながら、楽しく走ってくださいね♡

 

交通事故(むちうち)やケガでお困りの方も、
「学園前整骨院」
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-31-1335(予約優先制)

投稿者: 学園前整骨院

2017.10.24更新


腰が痛い人は一度は悩んだことはあるはず!

何がいいのかと、、、

無数にあるコルセットの中から自分に合う物を選ぶのは大変ですよね!

今日は選び方について少しアドバイスをさせていただきます。

まず、コルセットを選ぶ時に「自分の痛みの原因はどこなのか?」

を考えて下さい。

腰のコルセットの種類は、大きく分けて2つあります。

「骨盤で巻く物」「腰で巻く物」です。

と言われても、どうやって見分けたらいいの?

と思いますよね。

今回は見分け方のコツをお話しします。

まず確認したいのは、

 1.急性or慢性

 2.日常生活中心orスポーツ中心

ということ。

腰痛の状況や、ライフスタイルに合った物を選ばないと

過剰に締めつけたり、逆に緩かったりすると

腰を悪化させてしまいますので気を付けましょう! 

コルセットの目的は 

①患部の安静
②体幹の運動制限
③仙腸関節を安定させる
④腹腔内圧を高め腰椎や椎間板、脊柱支持筋を補助し負担を軽減させる

この3点が挙げられます

 

市販されている物はたくさんありますが、

痛い時ほど値段の高い物を選びがちですが

日常生活をより痛みなく快適に過ごすためなので、
値段でなく自分に「ガチッ」とフィットし固定力のある物
を選びましょう!

 

腰痛でお悩みの方

コルセットをした方が良いのでは?と考えておられる方

一度、当院にご連絡下さい

コルセットでの緩和の他、様々な施術でご対応いたします

 

交通事故(むちうち)やケガでお困りの方も
「学園前整骨院」
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-31-1335(予約優先制)

 

 

 

 

 

投稿者: 学園前整骨院

2017.10.20更新

日常生活の中で肩に痛みやしびれ、重いと感じる

いわゆる、肩こりを感じる人は多いと思います。


辛さがひどい時や、固くなった筋肉の箇所を見つけると、

そこの部分を押したくなるという人もいるかと思います。

押す力を強くしないとこりが楽にならない気がして、

ついつい強めにグリグリ押してしまうかもしれません。

burnしかし、これは間違い!!burn


強く押せばこりが楽になるかというと、実はそうとは言い切れません。

それどころか、強く押す事によって時間の経過と共に

痛みが出てしまうケースも多々あるのです。

痛気持ちいいと感じる事を繰り返していると、

体の力が抜けない場合が多く、かえって筋肉が硬くなってしまい、

どんどん強く押し余計に筋肉に傷がついてしまいます。

血流を回復させる程度の強さで気持ちが良い程度にとどめておいて、

早めに専門的な身体のケアをする事をオススメします。o(^▽^)o

 


「学園前整骨院」
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-31-1335(予約優先制)

投稿者: 学園前整骨院

2017.10.17更新

近年、中高年になってからスポーツを始められた方に、関節痛を起こす人が増えていますsnake
ハードなスポーツでなくても、ウォーキング、ジョギング、ゴルフ、テニス、
筋肉トレーニングなどを行うときにも注意が必要です。
中高年になると関節の軟骨がすり減り、軽度の変形性関節症を起こしていることが少なくありません。
それを考えず、つい無理をしてしまうのが最大の原因です。

 

もっとも多いのは、ひざの関節障害です。
スポーツをするとき、ひざには大きな力が加わります。

歩くときには体重の2~3倍、走るときには5~10倍もの負荷がかかるといわれています。

いきなり走ったり跳んだりするとひざに過度の負担がかかり、
半月板(軟骨)が割れたり、じん帯の断裂を起こすことも少なくありません。
また足首のねんざやひじの脱臼なども、関節痛の原因となります。
それほどひどい症状でなくても、つい夢中になってやり過ぎ、関節痛を起こす人も少なくありません。
ジムなどでトレーナーの指導を受けている場合でも、ひざやひじの状態は把握しづらいので
自分でも注意しておく必要がありますni

 

 

もしスポーツをしていて関節に違和感をおぼえたら炎症を抑えるために

数日は休んで、様子をみることが大切です。

また予防のため、次のことを心がけましょう。



•ストレッチなどの準備体操をしっかりする。

●ひざに負担がかかりにくいクッション性のよい靴をはく。
• 最初はゆっくりからだを動かし、徐々にペースを上げていく。
• 張り切り過ぎない(翌日に疲れが残らない程度に)。
• スポーツの後はストレッチなど軽い体操などでクールダウンする。

 

 

爽やかなスポーツの秋(ここ1週間ほどは雨続きですが・・)、

身体に無理をさせることはないように
くれぐれもセルフチェックを怠らずに、運動を楽しんでくださいね。
そして、運動のし過ぎで疲れてしまった身体のケアは
早めに当院にご相談くださいheart3

 

 

交通事故(むちうち)やケガでお困りの方も、
「学園前整骨院」
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-31-1335(予約優先制)

投稿者: 学園前整骨院

2017.10.16更新

最近秋バテという言葉を耳にすることが

多いと思いますが、どのような事を

秋バテというかご存知ですか?

 

秋バテとは、夏から秋にかけての気温の変化や暖かい日中から夜にかけての

温度の変化などの寒暖の差の繰り返しで

自律神経系の乱れに起因して現れる様々な症状を言います。

夏バテと比べて、夏の紫外線で頭皮に負担が掛かって起きる

「抜け毛」のような症状も特徴的です。

夏バテと同様に、体調不良や食欲不振などが代表的な症状にあります。

 

秋バテの改善と予防には十分な休養と栄養補給を行い

体を休めることが大切です。

食品をバランスよく摂取し、冷えを増長する冷たいものは控えて暖かいお茶などを

飲むようにするのも効果的flower2

また、適度な運動を行うことで自律神経の機能を回復も期待できます。

入浴に関しても38度 - 40度のぬるめの温度で

ゆっくり入浴することで交感神経よりも

副交感神経が優位に立ち、リラックス効果が期待できるでしょうrabbit

急に寒くなって来たので体調に気を付けましょう!!

 

 

 交通事故(むちうち)やケガでお困りの方も、
「学園前整骨院」
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-31-1335(予約優先制)

 

 

投稿者: 学園前整骨院

2017.10.14更新

生きていく上で避けて通れないストレス。

自分の毎日の生活を一度見直してみては?

体も疲れますが、同じように心にも疲れが溜まります。

今の心の状態をチェックしたいものですね。

心の疲れには、以下のようなものがあります。

・気分が沈んで憂鬱
・いらいらする
・夜、眠れない
・朝早くに目が覚める
・食欲がわかない
・不安が強い
・落ち着かない
・頭痛や動悸がする

心の出しているサインを無視せずに、ケアしてあげることが大切。

忙しさやストレスで心が疲れたときの疲労回復法として、

まず心が疲れているなーと思ったら

仕事を早めに終えて帰ってみるとか・・

色々、回復法があると思いますが

癒しの空間を作る!!

これはいかがですか?

仕事のことを考えずリラックスする場所を探しましょう。

当院では、日々の生活の中でほんの少しの無理が後で大きな痛みに変わる

その前に日頃からケアができ、

五感に優しいリラックス空間と長年の経験を基に培った技術で

1人1人に合った施術を提供出来ます。

忙しいときこそ、自分の心の健康にも目を向けて、疲労を解消してくださいね!

 

交通事故(むちうち)やケガでお困りの方も、
「学園前整骨院」
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-31-1335(予約優先制)

 

 

投稿者: 学園前整骨院

2017.10.10更新

 


鏡に写った顔を見て、「何だか鼻がテカテカ脂っぽいなぁ……」

と感じる日はありませんか?

女性の場合、顔のテカりはお化粧のノリにも影響しますよね。

顔の皮脂分泌が増える原因は様々ですが

実は、肩こりが起きやすい状況と顔のテカりには、意外な共通点があります。

脂っぽいテカテカ顔と肩こりにどのような関係があるのか……。

それに関係しているのは日常のストレスです。

 

 

◆ストレスが強いと悪化しやすい肩こり症状


仕事のミスや対人関係の悩み、休みが取りにくく心も体も安らげない状態が続くと

毎日の緊張感からストレスがたまってしまいます。

ストレスが強く、頑張らなくてはと気を張っている状態は

体を活動的に機能させる「交感神経」が優位な状態です。

交感神経優位な状態が続くと、リラックスモードへの切り替えが上手くできなくなり

体調を崩してしまうことが増えます。体に出る具体的な影響としては

背骨を支える筋肉の緊張が解けないことで、首、肩周りの筋肉が凝り固まり

肩の力が抜けにくくなってしまうということがあります。

リラックス状態を促す副交感神経も乱れてしまい、肩こりも悪化しがちです。

 

 

◆ストレスが原因で顔のテカり・脂っぽさが悪化することも


上記のような、肩こりが起こりやすい「交感神経優位」の時

交感神経支配である立毛筋(りつもうきん)の収縮が起こります。

これにより促進されるのが、皮脂の分泌です。

肩こりがツラくなりがちな自律神経の乱れが生じた際に

同時に顔の脂っぽいテカテカが目立ちやすいのはこのためです。

立毛筋には、本来、体温を保つという役割があり

皮脂にも肌を守る大切な働きがあります。

しかし、交感神経優位になりリラックスできない状態が続くと

肩こりが悪化したり、顔のベタつきが不快に感じることが増えてしまうかもしれません。

 

 

◆肩こり予防・テカり予防には、ゆっくり休息が一番


皮脂の分泌は午前よりも午後に多いと思います。

もし、朝目覚めた時に普段よりも顔が脂ぎってベタつき

鼻がテカテカしているような場合は

肩こりになりやすい、または悪化しやすい可能性があります。

「緊張が解けにくいコンディション」であると考え

心と体を追い込まないように、一日の過ごし方を考えてみるのがよいでしょう。

すでに肩こりが酷く、痛みが気になっているケースでも

それがストレスとなり皮膚の脂っぽさに繋がることがあります。

肩こり症状のつらさが和らぐように、早急に対処して

不快感や痛みを感じる頻度を減らすことを目指してくださいrabbit

 

 

交通事故(むちうち)やケガでお困りの方も、
「学園前整骨院」
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-31-1335(予約優先制)

 

 

 

 

投稿者: 学園前整骨院

2017.10.06更新

季節の変わり目になると増える傷病の一つがギックリ腰(急性腰痛)です。

もう経験している方は、ほんと辛い思いをされたことでしょう・・・

このギックリ腰、発症した時にきちんと治さないと、また再発する恐れがあります。

経験者の中にも、毎年O月になったら毎年ギックリ腰になってしまう…とか、
事ある度に発症してしまう…とか。

悩みを持ってる方は多いはずです!!

今日はそんな不安要素である、ギックリ腰(急性腰痛)についてお話させていただきます。

<急性腰痛>

①原因と治療

1)筋・筋膜性腰痛
腰部の筋肉の酷使・突発的な限界を超える 運動要求などが原因で筋肉と筋幕に痛みが発症します。

筋肉疲労が著しい場合に、このタイプの急性腰痛が起きやすいので、普段から筋肉には適度な休息と栄養を与え、

運動機能を意識的に高めることと、維持することを意識しておきましょう。

仮に筋膜性の腰痛となっとなった場合は、診察をし、正しいリハビリ方法と今後のぎっくり腰予防の方法を組み立てます。


2)腰椎捻挫による腰痛
急性腰痛と通常、呼ばれているのがこのタイプの腰痛です。

背骨の中にある「脊椎」は主に首の「頚椎」と胸の「胸椎」、腰の「腰椎」

そして「仙骨」「尾骨」から成ります。

そのうち「腰椎」は5つの椎骨から成っているのですが、

腰椎の椎骨の間になる「椎間板」と

椎骨と椎間板を繋げている「椎間関節」の連結部分が捻挫を起こします。

それに伴う激痛がいわゆる「魔女の一撃」とよばれる急性腰痛(ギックリ腰)です。

この椎間捻挫の場合、症状は1日目がほぼピークとなりますので、

まずは「絶対安静」+「アイシング」 による炎症部分の冷却に努める。

炎症が収まれば必然的に痛みも弱くなっていきますが、

当院では正確な腰の状態を確認の上施術を行います。

重症の椎間捻挫だといわゆる「腰が抜けた状態」となり

寝返りさえできない状態になります。

「腰が抜けてしまった」状態は単なる捻挫というより

関節のズレが酷いことが原因となっていることもあります。

早急にケアに来てもらった方がよいです。

 

投稿者: 学園前整骨院

2017.10.04更新

みなさんはピンクリボン運動という言葉を聞いたことがありますか?
乳がんで亡くなられた患者さんの家族が
「このような悲劇が繰り返されないように…」との願いを込めて
作ったリボンからスタートした、乳がんの早期発見のための啓蒙運動です。
1980年代のアメリカで始まったとされていますflower

 

乳がんは女性がかかるがんの中で一番多く(死亡原因としては肺がんや大腸がんなどの方が多い)、
日本人女性が一生の間に乳がんになる割合は数年前には約20人に1人といわれていましたが、
最近の調査では約16人に1人とされており、年々乳がんの発生率は上昇していますし、
乳がんで亡くなる方も増えています。
最近では有名芸能人のブログでの闘病記でも話題になりましたよね。。
 

日本人女性の乳がんの発生率が上昇した原因としては、
食生活を含めたライフスタイルの変化が指摘されています。
中でも肥満(閉経後)は最も関連があるようですし、飲酒や喫煙なども悪影響を及ぼします。
発症しやすい年齢は40歳台後半から50歳台前半ですので、閉経前後の時期が要注意ですが、
80歳をすぎて乳がんが見つかることもあります。
 


欧米では乳がんになる女性の割合は日本と比べて圧倒的に多いのですが、
乳がんで亡くなる方は減少する傾向にあります。
その理由として、欧米では乳がん検診を受診する女性の割合が高いことが挙げられています。
他のがんと同様に乳がんでも、早期発見により完全に治癒することが期待できるのです。

 


毎年10月は「乳がん月間(ピンクリボン月間)」です。
女性のみなさん、これまで検診を受けたことがない方も
一歩勇気をだして、検診を受けてみてはいかがでしょうか?ni

 

 

交通事故(むちうち)やケガでお困りの方も、
「学園前整骨院」
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-31-1335(予約優先制)

投稿者: 学園前整骨院

2017.10.02更新

10月に入りました。
これからは日に日に秋が深まっていきますね。

食欲の秋、味覚の秋・・
秋には美味しいものが沢山あって嬉しいですgya

 

そんななか、今日は「豆腐の日」だそうです。
10月2日の語呂合わせで「とうふ」の日・・
季節を問わずに様々な調理法で美味しく食べられて
低カロリー高タンパクで栄養豊富な豆腐を
もっとPRしようと、豆腐の製造業者らが中心となって設けられたそうですclover



朝と晩はめっきり冷え込んできた今日この頃、
湯豆腐にして頂いても、とてもおいしいですよね。
天高く馬肥ゆる秋… 温かく美味しいものを頂きながら
秋の夜長を楽しみましょうheart3

 


交通事故(むちうち)やケガでお困りの方も、
「学園前整骨院」
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-31-1335(予約優先制)

 

投稿者: 学園前整骨院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

TEL:0742-31-1335