2016.11.29更新

今日はこれからの時期特に悩まれる方が多くなる、首の痛みについてのお話ですhorse


首の痛みはおよそ7割の人が一生に一度は経験するといわれるほど、よくみられる症状です。
首の骨(頚椎)は、重さが6~8キロもある頭を支え、上下左右に動かしたり、
回転させたりと、複雑な動きをコントロールしています。
それだけに首には日ごろから大きな負担がかかりますが、加齢によって首の筋肉が弱ったり、
運動不足で首をあまり動かさないでいると首の筋を違えたり、こりから筋肉痛を起こしたりします。

首の痛みの多くはこうしたタイプで、日常の習慣を見直したり、首の筋肉を鍛えることで改善されます。

ですが、加齢によって頚椎そのものも老化します。頚椎がすり減ったり、クッションとなっている
椎間板の変形が生じると、慢性的な痛みやしびれを起こすようになります。
頚椎の中央には、神経幹である脊髄がとおり、脊髄から枝分かれした神経が肩や腕へとつながっています。
そのため頚椎が変形すると、首の痛みだけでなく肩の痛みや手のしびれ、
あるいは脚のしびれによる歩行障害、さらには排尿障害まで起こすこともあります。
こうした症状が起こるようになると、本人もつらく、また治療にも長い時間がかかり、
ケースによっては手術が必要となります。
できれば初期段階(首のこりや筋肉痛などの段階)で、早めに対処することが望まれます。
パソコンの普及もあって、首の痛みを訴える人が増えています。
その最大の原因は、よくない姿勢を長時間続けることです。
パソコン作業をしている人の多くが、背中を丸めて
顔を少し前につき出すような姿勢をしています。今のあなたの姿勢はどうですか?
この姿勢は、頚椎には不自然な状態です。特にアゴをつき出すと、首が後ろに反り、
頚椎や首の筋肉を緊張させます。長時間続けていると、首や肩の血液の流れが悪くなり、
疲労物質の乳酸などが蓄積し、こりや痛みを引き起こします。
首の痛みの予防と改善の第一歩として、背筋を伸ばし(背中をいすの背につける)、

アゴを少し引く姿勢を心がけましょう。
時々自分の姿勢を見直し、意識的に姿勢を整える習慣を身につけましょうchick

 

また、長時間同じ姿勢を続けると、首の筋肉や頚椎に大きな負担となります。
30分に一度は席を立ち、次のような運動をします。

(1) 首を左右にゆっくり倒す(5秒くらいずつ交互に5回)
(2) 顔を左右にゆっくり向ける(首の筋が少し張る位置まで向ける。5秒ずつ交互に5回)
(3) 肩を大きくゆっくり回す(前回しと後ろ回しを5回ずつ)
(4) 腕を上げてブルブルとふるわす(腕を下げてブルブルふるわす)

 


全部やっても3分程度なので、忙しいときにも合間をみつけてやりましょう。
からだを少し動かすだけで、血行がよくなり、疲労物質などがたまりにくくなります。
これらの運動は首、肩、腕などをリラックスさせるためなので、
力をいれず、ゆっくりやるのがコツです。
急に強く動かすと、筋肉をいためることがあるので注意が必要です。

 

寒くなってくると、ただでさえ首周りの筋肉が硬くなりがちです。
日ごろのちょっとした心がけで改善されますので、是非試してみてくださいnico

 


交通事故(むちうち)やケガでお困りの方も、
「学園前整骨院」
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-31-1335(予約優先制)

投稿者: 学園前整骨院

2016.11.24更新

 

「ヘンだな」と思ったら、まずはたっぷり休みましょう。

「休養」は身体の休養だけでなく心の休養も含みます。

多忙で精神的にストレスがたまってしまうと

どうしても身体に影響が出て風邪をひきやすくなってしまいます。

心と身体は一緒に活動しているのだから考えてみたら当たり前ですよね。

だから、少しでも「ヘンだな?」と感じたら

周りへの影響を最小限にとどめるためにも

早めに身体と心の休憩をとるようにしましょう。

「風邪かな?」と思ったら摂りたい栄養素・食べ方のコツ
風邪のときも、栄養の基本は「バランスのよい食事」です。

ダイエット中であっても、風邪かもしれないと思ったら

ダイエットはいったんお休みですnnn

ダイエットは食事からのエネルギー源を減らして

体脂肪等を燃焼することで体重を下げていきます。

摂取エネルギー量が不足すると

相対的に免疫力を強化するための栄養素が不足しやすくなります。

そのため、免疫力が低下して、治りが遅くなってしまいます。

 

●1.ビタミン類を多めに摂る
ビタミンは食事に含まれている栄養素を身体に必要な成分に変換して使う際の潤滑油です。

潤滑油が不足すると身体に必要な栄養素が必要な場所へ供給されづらくなるため

抵抗力が弱くなります。そのためビタミンが体内で

飽和状態になっているほうが風邪の治癒も早くなります。

ビタミン類の中でも特に多く摂りたいものは「ビタミンC」「ビタミンA」「ビタミンB1」です。

多く含まれている食品は以下のような食品です。

・ビタミンC:レモン、いちご、みかん、キウイフルーツ、ブロッコリーなど
・ビタミンA:レバー、うなぎ、卵、ニンジン、カボチャ、小松菜など
・ビタミンB1:豚肉、米の胚芽部分(精白米にはついていません)、大豆など

●2.温かい料理を食べる
低体温のときには免疫力も下がりやすくなってしまいます。

熱があって体温が高かったとしても、汗などで身体を冷やしてしまうことがあります。

そのため、身体をしっかり温めることが大切です。

横になって安静にしているときも「温かくして休みましょう」と言われますが

食事でも身体を温めましょう。

冷たい料理よりは温かい料理を選ぶと身体の内側から温まりやすくなります。

熱があるときは冷たいものが美味しく感じられますが

冷たいものは身体が冷えやすくなってしまうのでできるだけ食べないようにしましょう。

●3.水分をたっぷり摂る
風邪のときは、水分をたっぷり摂りましょう。

熱があるときは通常時よりも汗や呼気から水分が出ていきます。

そのため脱水状態になりやすいのです。

飲むのは白湯や番茶のようなカフェインの少ない飲み物がよいでしょう。

■「休養と栄養」以外にもある! 効果的な風邪予防法
「休養と栄養」以外にも風邪予防に効果的なことがあります。

それは「手洗い」「うがい」「マスク」です。

まず、「手洗い」で雑菌をしっかり取り除き、「うがい」で喉の雑菌を洗い流します。

さらに「マスク」で新たな雑菌に触れないように防御します。

また「マスク」は、自分が風邪にかかってしまった際に

他の人にうつさないために使うことも多いですが

風邪をひいていないときでもたくさんの人が集まる場所へ行く際などは

風邪をひいていなくても風邪から自分を守る意味でマスクをして出かけるほうが安心です。

マスクははずしたら捨てて、新しいものに取り替えましょう。

あくまで使い捨てのマスクです。

ここでもったいないと思ってはいけません。

体調を崩して会社に行けなくなるほうがもっともったいないことです。

「手洗い」「うがい」「マスク」は風邪だけでなく、インフルエンザにも効果があります。

余裕があるようならば、室内の湿度を70%くらいに保つと

風邪の原因菌の活動が弱まり感染力は低下します。

乾燥している冬の時期は原因菌の活動が活発になると同時に

感染してしまった際に上手く排出し辛くなってしまうのです。

加湿器や濡れタオルなどを上手に使って湿度を上手に調節してください。

熱を下げたいときは、おでこではなく「わきの下」を冷やすと効果的です。

風邪やインフルエンザによる高熱のときだけでなく

熱中症のときなどにも応用できますので、ぜひ覚えておいてください。

休養と栄養をしっかりとって、つらい風邪から身体を守りましょう。

 

 交通事故(むちうち)やケガでお困りの方も、
「学園前整骨院」
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-31-1335(予約優先制)

 

 

投稿者: 学園前整骨院

2016.11.18更新

日に日に肌寒くなってきましたが、これからの時期、感染症が気がかりになってきます。
そのなかでも特に気を付けたいのがノロウイルスですgan

 

ノロウイルスは、胃腸炎、食中毒の原因のウイルスとして知られています。
一年を通して発生しますが、特に流行しやすいのは、冬場です。
これからの時期に向けて、しっかり予防をしていきましょう。
ノロウイルス感染症は、ノロウイルスが手指や食品・食器などを介して、経口感染し、腸管でウイルスが増殖し、
嘔吐、下痢などを起こします。秋から冬、春先に発生者が多くなり、
その多くの場合、数日の経過で自然に回復するといわれていますが、
免疫力の弱い子どもやお年寄りなどは重症化する場合があります。
ノロウイルス感染症の主な症状は、腹痛、吐き気、嘔吐、下痢などがあり、発熱は軽度です。
通常、このような症状が2、3日続くと、治癒します。また人によっては感染しても発症しない場合や
風邪のような症状の場合もあります。ノロウイルスの潜伏期間(感染から発症までの時間)は、24~48時間です。
ノロウイルス感染症の主な原因は、経口感染になります。経口感染とは、ウイルスが付着した飲食物などを摂取し、
感染することです。また、感染者の吐物や糞便から人の手などを介して二次感染することもありますsnake

 

残念ながら現在、ノロウイルスに効果がある抗ウイルス剤はありません。
通常では、対症療法が行われます。
ノロウイルスにかかりにくくするためにも、きちんと予防をしていきましょう。


• 手洗いをきちんとしましょう。調理前や食事前、トイレに行った後は特に念入りにしましょう。
• 調理の際、加熱処理を十分に行いましょう。特に子どもやお年寄りなど、抵抗力が弱い方には十分な加熱処理が重要です。
• キッチン周りを衛生的に保ちましょう。キッチン用具は、加熱するなど消毒をこまめに行いましょう。
• 患者の糞便や吐物を処理する時は、使い捨ての手袋を着用する等、適切な処理を行い、二次感染に注意しましょう。
• トイレや風呂場など、衛生的に保ちましょう。トイレで用を足した後、便器の蓋をして流すようにしましょう。

 

基本的な予防を徹底して、ウイルスを近づけない生活を心掛けましょうheart3

 

 


交通事故(むちうち)やケガでお困りの方も、
「学園前整骨院」
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-31-1335(予約優先制)

投稿者: 学園前整骨院

2016.11.10更新

 

この季節に意識的に口にしたいのが、セロトニンの材料となる必須アミノ酸のトリプトファンを含む食品です。

体重1キロ当たり2ミリグラムの摂取が理想的なので

50キロなら1日100ミリグラム、60キロなら120ミリグラムが目安になります。

肉や魚は含有量が多く、旬のカツオやイワシは特に豊富。豆類や卵、牛乳も◎。

野菜や果物なら枝豆、ニラ、ホウレン草、アボカド。炭水化物はごはんよりも、そばやうどんがオススメですrabbit

手軽にとるなら、朝食に牛乳と納豆、ゆで卵。ランチはそばを選び

付け合わせでホウレン草のおひたしを追加するなどしましょう。

肴には枝豆、マグロとアボカドのワサビ醤油和えも良いです。

アーモンド、カシューナッツ、クルミなどのナッツ類もいい。

副交感神経を優位に導けば、リラックスにつながり、寝付きが良くなります。

「足首や首、尻の中央付近にある仙骨を温めるのが効果的です。

ポイントは就寝前30分の過ごし方。

湯船にしっかりつかってこの3カ所を温めるのがベストですが

シャワー派は、温水シャワーを10秒間あてるだけでもOKです。

入浴から就寝まで時間があいてしまう場合は

湯たんぽやホットパックなどをあててじんわり温めてあげましょう」

ただ、電気毛布や電気アンカ、使い捨てカイロなどはダメです!

ひたすら温め続けてしまうため、体温調節ができなくなりかえって体調を崩してしまうため。

コタツで気持ちよく寝入ったはずが、気づいたら寝汗ダラダラ。全身がダルくなってしまうのと同じ理屈です。

暖房器具だけに頼らず自身の体温を上げていくことも考えていきましょうheart2

 

交通事故(むちうち)やケガでお困りの方も、
「学園前整骨院」
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-31-1335(予約優先制)

 

 

投稿者: 学園前整骨院

2016.11.08更新

 突然ですが、みなさん、夜どんな寝方で寝ていますか?

 
仰向け・横向き・中にはうつ伏せでしか寝られない!なんて方もいるかと思います
 
今日、来院の患者様で‘腰が痛くって(涙)と仰られたのですが
どうやら原因は、この「寝方」によるところが大きいようです
 
腰痛・肩痛・背部痛・股関節痛などの原因の一つに
「横寝」や「ごろ寝でテレビ」「ベッドでテレビ」など寝方によるものがあります
 
でも・・・
腰痛(きっくり腰)の時は先生から『横向きで寝て下さい』と言われた人も多いはず
どういうことなのでしょうか?
 
それは・・
急性期(なったばかりのころ)腰の筋肉を強く傷めた時におすすめしている寝方であって
これが常時になりクセのようになってはいけない!
そうなんです
 
横向き寝の人は『こっち向きじゃないと落ち着かない』と
右向き・左向きで『寝やすい方向が習慣(癖)』になっている人が非常に多くおられます
しかし横向きで寝ているのが常時になると

・下になる肩の関節に負担が四十肩・五十肩の原因になり痛を伴う症状を引き起こしやすくなります

・下になる肩がつぶれることで体にねじれ(ゆがみ)が生じ、肩のねじれ(ゆがみ)が起こる事で
 体全体に負担が掛かり、腰痛や膝の痛みなどがおこるようになります
 
このように常時横向き寝の方は弊害がたくさんあるのでいつも寝ている寝方、気にしてみて下さい

このように寝方や枕の高さなどでもさまざまな不調が起こる場合があります
なんか腰痛いな~・首痛いな~・肩痛い(肩コル)な~とお感じの方は
早めに受診してみて下さい

 

交通事故(むちうち)やケガでお困りの方は「学園前整骨院」 

 

奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103 

 

 0742-31-1335(予約優先制)

受付時間 月~金9:00~12:30 15:00~20:00

       土曜日9:00~12:30 13:00~17:00

 
 

投稿者: 学園前整骨院

2016.11.04更新

 

急に寒くなりましたが、皆さん

体調を崩したりしてませんか?

冷えは身体に良くないことだらけ

なのでこれからの時期特に

気を付けましょうnyan

自宅で簡単にできる温熱療法と

言えばやっぱりお風呂です!

暑すぎづ、ぬるすぎづな39℃~42℃位の

適温でゆっくりと浸かってください。

適度な運動も身体を温めるのに有効ですので

無理のないように行ってくださいrabbit

又、食べる事でも身体を温められます。

代表的な食べ物は皆さんもご存知のショウガですglitter

ショウガは生で食べるよりも火を通して食べる方が

身体を温めますので、お味噌汁に入れるなど

して毎日取り入れて下さい。

 これからもっと寒くなってきますが

負けない身体作り頑張りましょう!

 

 

交通事故(むちうち)やケガでお困りの方も、
「学園前整骨院」
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-31-1335(予約優先制)

 

 

 

投稿者: 学園前整骨院

2016.11.01更新

11月になりました。
日に日に秋が深まっていきますね。。horse

 

今日は最近よく話題になる「ストレートネック」についてお話しします。 

原因は、簡単に言うと姿勢そのもにあります
元来、首から腰にかけてS字カーブを描いていますが、姿勢が悪いと
首のカーブが段々と消失し、ストレートになっていきます。

人間はこのカーブを描くことで、歩いている時の振動や

衝撃を和らげたり、頭の重さを分散させています。

このカーブが無くなると、首の場合は頭の重さ(約6kg)が
ダイレクトに首にかかってくるので、寝違いや肩コリ、頭痛、
腕のだるさやしびれ、腰の場合は腰痛や股関節痛・
膝痛、足のしびれを引き起すことが多いんです
背骨の際には自律神経が走っているので、自律神経にも支障をきたしますnamida

 


原因はデスクワークや携帯電話〈スマホ〉、子供のゲーム機で遊んでいる時の
姿勢であったり、バレエなどスポーツで過度な姿勢矯正など・・・
交通事故によるむちうちなどでの衝撃により起こるものが多いです。
特に猫背は1番の原因とも言われています。
長時間の崩れた姿勢や無理に矯正した姿勢を取り続けていると、
首の自然なカーブが失われてしますので気を付けましょうdragon

 

~このストレートネックの治療について~

まずは、問診で生活パターンをお伺いします。
次に、頸椎から腰椎のカーブがどこまで無くなっているのかを診ます。
肩や首の筋肉の緊張・腰や背中の筋肉の張りなどを診て、緩めていきます。
当院は徐々にカーブができるよう、治療計画を立てていきます。
長年かけてなったものは、すぐには治りません。
治療を受けている時間よりも、日常生活を過ごしている時間が
当然長いので、自宅で出来るストレッチや生活改善についてなど、
色々指導させて頂きます。


寝違えが癖になってたり、ひどい頭痛で悩んでいる方は
一度電話にてご連絡下さい。お気軽にご相談くださいねheart

 


交通事故(むちうち)やケガでお困りの方も、
「学園前整骨院」
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-31-1335(予約優先制)

投稿者: 学園前整骨院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

TEL:0742-31-1335