2014.09.26更新

 デスクワークやスマホの操作、まくらの影響など
肩や首がこりやすいと感じている人も
少なくはないと思います

あ~、こったなぁと感じて首をグルグルや
どちらかの方に曲げると
ボキボキやポキポキと鳴る事もあると思いますが
実はこの首ポキポキは危険な行為だったんですよ!?

前回もお話しましたが間接ポキポキには

鳴った瞬間に爽快になったと感じ
さらにもっと鳴らそうと、
ある種の中毒性があるのか
癖になる傾向があるようです...

同じ関節に繰り返し刺激を与えていると
関節や筋肉を傷めてしまう可能性があります

また、なかなか鳴らないといって繰り返し首をひねる人もいます
無理に首をひねっているうちに、首の関節や骨、その周囲についている
筋肉、さらに頸椎の中を通っている神経や血管などを傷めてしまう
危険性が高いので、要注意ですよ

そもそも首は、重い頭を頸椎と少ない筋肉で支えています。
頸椎はゆるいカーブを描いており、重い頭の負担をうまく
分散しているものの、それでも十分とは言えません

しかも、首は頭と身体をつなぐ重要な通路であり、
首の中には太い動脈や気管・食道・甲状腺・脊髄(中枢神経の束)
などが通っています。
そのため、前かがみになったり無理な姿勢を続けたりすると
首の骨や軟骨はすぐに傷ついたり変形してしまいます

そうなると...
不快感が出たり、病気(変形性頸椎症・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症
などを引き起こす原因になります。
※いずれも神経などが圧迫されて痛みやしびれを感じます。

そうならない為にも首を鳴らす回数を減らして下さい。
鳴らさないと気が済まないという人は
つらいと思いますが…
無意識に首を鳴らすクセを直すように心がけてください

「鳴らしたい!」という衝動に駆られても
そこはじっとこらえて下さい。

整体やカイロプラクティックの先生が関節を鳴らすような
施術をする場合がありますが、それは、回復させるべき部位を
見極めて行っているものなんです。

自分で音の鳴りやすい部分だけをポキポキさせるものとは
違いますので、音が鳴れば良いというわけではありません。
ご自身の身体の為にも我慢してくださいね



投稿者: 学園前整骨院

2014.09.25更新

 突然ですが・・・


“首ぼきぼき”
“指ぽきぽき”
“足組み”

などなど・・

昨日は“足組み”のお話をしたので
今日は“指ぽきぽき”を

あなたは気付いたら指の骨をポキポキ鳴らしていませんか?
 
無意識にやっている人も多いですねー
鳴らすとスッキリしたような気がして止められなくなってしまう
だけど・・・
 
「指をポキポキ鳴らしていると指が太くなる」       
 
とか
 
「関節が太くなる」
 
とか聞いたことないですか?
 
実は指を鳴らすと骨や関節が鳴っていると思いがちですが、
実際は関節を包む液体に気泡が生じ、曲げた時の圧力変化で破裂します
その衝撃が骨や靭帯などに反響して「ポキ」という音がなるという説があります
 
1日に10回以上鳴らす人は関節に炎症を起こす場合があり、キケンです

クセ(依存症)になっている人は、鳴らすと一時的にはスッキリしますが
 
鳴らすことで炎症させてしばらく経つとまた鳴らしたくなり
さらに炎症という悪循環に陥っているので危険です
 
傷付いてしまうと身体は勝手に傷付いた部分を修復しようと働きます
その結果、指の関節が太くなってしまうことがあるということです
 
つまり、
指をポキポキ鳴らしていると指が太くなるというのは
事実なんですよ~ 
 
爽快感が得られるため、ついついやってしまいがちですが
関節が緩くなってしまうので、鳴らさないようにしてください
 
ではどうしたら止めることができるのか?ということですが
 
正直なところ、絶対止められる方法というのはありません
 
指を鳴らしていると指が(関節が)太くなる!!
指を鳴らしているとじん帯や関節に傷がついて炎症が起きる!!
指が太くなって指輪が入らなくなる!!
 
とこれらを自分の心に刷り込んで我慢あるのみです!
 
人間っていうのは欲求に弱い生き物なので、そうそう簡単には
止められないかもしれないですが
良いことは「スッキリする」ぐらいしかないのでまずは1週間耐えてください
続ければ慣れていくので、1週間耐えれば鳴らしていないのが普通になってきます
1ヶ月耐えればもう鳴らさなくてもイライラしたりしませんよね
 
炎症が起きてしまってからでは遅いので今のうちに改善しましょうね



投稿者: 学園前整骨院

2014.09.24更新

 足を組むのは良くないと最近よく聞くのですが、

ふと気が付くと、無意識のうちに足を組んでいる・・

そんなことってありませんか?


人はなぜ足を組んでしまうのでしょうか。

理由としてまず考えられるのは、

高さのあわない椅子に座っている場合。

人はお尻にある座骨と脊椎によって座るバランスを取ります。
しかし多くのイスは座高や足の長さ、

お尻の大きさなど座る人の様々な条件に

合うようには作られておらず、

バランスが崩れてしまいます。
例えば前かがみの体制で浅めにイスに座ると、

脊椎の腰にあたる所は後方に曲がってしまい、

重心が後の方へ行ってしまいます
結果、前の方へ重心を移動させるため足を組み、

重心の偏りを解消したくなります。

もう一つ理由は、精神的な緊張感。

人は緊張すると、無意識に足を組むことがあります。

逆に足をぶらぶらさせている状態は、

リラックスしている証拠でもあります

 

また、日常の癖や利き手、利き足の使い過ぎで

左右非対称な身体の使い方を常にしていることで

骨盤が歪んできて左、もしくは右の片方に重心が乗ってくる為、

足を組むことで無意識に身体全体のバランスを

真ん中にもってこようとするのです。

 

知らず知らずやっていることなので

治すのが難しいのですが、

気が付いた時には姿勢を正して

足を伸ばすようにしましょううね

 

 

交通事故(むちうち)やケガでお困りの方も、「学園前整骨院」

奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-31-1335(予約優先制)


投稿者: 学園前整骨院

2014.09.19更新

 ◆大阪府・奈良県周辺で交通事故に遭った方へ◆

・<奈良市・生駒市・大和郡山・富雄・学園前・

登美ヶ丘・北生駒・菖蒲池・西大寺・新大宮>                                                          など

※事故後の身体のしびれや痛みに困っていませんか?

 ・学園前駅から徒歩1分!(近鉄奈良線・奈良交通バス)

 ・学校・仕事帰り、帰宅途中の通院可能!

 ・予約優先制のため、時間をとられない!

 ・阪奈道路・第二阪奈道路からも近い!

 ・整骨院選びでお悩みの方!

周辺病院・各自動車損保険会社からも多くの支持を得ています!!

まずはお気軽にお電話を。

学園前整骨院・予約優先制・(0742)31-1335

奈良市学園北1-1-11

 イブビル103

 

投稿者: 学園前整骨院

2014.09.16更新

 街に吹く風も爽やかな季節になりましたね

身体を動かすのに気持ち良いこの季節、

各地の学校で、間もなく運動会が開催されますね

お父さん・お母さんも年に1度の大仕事!?

子供さんにいいとこを見せたい~

と張り切っている方も多いでしょう。

ですが、その逸る気持ち、ちょっと待ってください

若き日の自分のイメージで走ったり跳んだりすると、

悲しいかな中年に差し掛かった今の身体は

頭の中のイメージ通りに動くことはできなくて

そのギャップから、転倒してしまうリスク大なんです

下手に転んでしまって捻挫や肉離れ、骨折をしてしまうことも

無理は禁物、普段からの身体作りが大切です


今からでも遅くはないので、毎晩のストレッチや筋トレを
少しずつ行って下さいね


特に太ももやふくらはぎ、足首は入念に。


冷房で身体が冷えると、筋肉も硬くなって
ケガをしやすい環境になります。

なのでシャワーだけでなく、しっかり入浴もして下さい




万が一頑張りすぎてケガをしてしまい、

違和感や痛みを感じたら我慢せずに、

すぐに受診してください

放っておいた分、治るまで余計に時間がかかりますから

 

 

どうかケガをされることなく、

親子で楽しい運動会を過ごしてくださいね

 

交通事故(むちうち)やケガでお困りの方も、「学園前整骨院」

奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-31-1335(予約優先制)

 

投稿者: 学園前整骨院

2014.09.11更新

過ごしやすい季節になり
久しぶりに運動始めてみようかな☆
という方も多いのではないですか

ところが、思いっきり身体を動かしたら筋肉痛が・・・
という経験をしたことないですか??
筋肉痛になると、充実感は感じますが普段の生活に困りますよね

そこで筋肉痛になったときどうすればいいの?
という不安な方にアドバイスです

筋肉痛になってから経過している時間によって対処法が異なります~

1.【運動直後】
 ・ストレッチで筋肉の緊張をほぐす ・筋肉を冷やす 
(ゆっくりストレッチをして、筋肉をリラックスさせることが大事。
氷でアイシングをしたり、湿布で筋肉を冷やしてあげて下さい)

運動後は温めるのはNGですよ


2.【運動後1時間~1日後】
 ・筋肉を冷やす ・十分な睡眠をとる ・タンパク質を補給
(睡眠をすることで、回復を助ける成長ホルモンがしっかり分泌されるのに必要)
この段階でもまだ温めるのはNGです

3.【運動後1日~数日後】
 ・筋肉を温める ・血行促進するような運動をする
(痛みのピークが過ぎたら温めて筋肉の血行促進して下さい。
有酸素運動やお風呂にゆっくり浸かるのも効果的


運動される方もこれから始めようと思っている方も
それぞれの体調・体力に合あった方法で楽しんで下さいね

運動前には筋肉の柔軟性よくする為にもストレッチを入念に行い
ウォーキング軽めのジョギングで体を温めてからスタートですよ~


交通事故(むちうち)やケガでお困りの方は「学園前整骨院」
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103

0742-31-1335(予約優先制)

投稿者: 学園前整骨院

2014.09.09更新

 ☆肉離れについて☆

 

スポーツの秋ということで、

スポーツ選手に多いケガの1つ、

肉離れについてお話してみたいと思います

 

筋肉がロックした状態のこむら返り、

筋肉が引き離された時に起きる肉離れ、

筋腱断裂、筋挫傷があります

 

筋力とは伸ばされながら収縮しようとすると最大筋力が発生し、

強く収縮した筋肉がそのまま固まってしまった状態がこむら返り

 

その筋力に筋線維が負けた時に肉離れは起こります。

 

このような発生機序で肉離れが

最も起こりやすい部位はハムストリングスです。

 

また走っている時、特に接地前後に生じやすいのです

 

肉離れが起こる原因をいくつかまとめてみると、

 

1、柔軟性の欠如、不適切なウォーミングアップやストレッチの不足など

2、左右の筋力のアンバランス

3、ランニングフォームの不良

4、不完全なリハビリテーションでの早期復帰など

 

また、ランニングフォームの不良として、その動きの特徴もいくつかあります

 

1、下腿の蹴りだしが大きく接地が遠い

2、胴体の前傾が大きい

3、接地中の膝の屈曲が深い

 

早期治療で安静にすること

フォームや体作りなども再発防止のために行う必要があります

 

当院でも治療、アドバイスさせて頂きますので、

お気軽にご相談下さいね


 交通事故(むちうち)やケガでお困りの方も

 

「学園前整骨院」

奈良市学園北1-1-11

グリーンビレッジ・イヴビル103

0742-31-1335(予約優先制)

 

投稿者: 学園前整骨院

2014.09.09更新

 ☆肉離れについて☆

 

スポーツの秋ということで、

スポーツ選手に多いケガの1つ、

肉離れについてお話してみたいと思います

 

筋肉がロックした状態のこむら返り、

筋肉が引き離された時に起きる肉離れ、

筋腱断裂、筋挫傷があります

 

筋力とは伸ばされながら収縮しようとすると最大筋力が発生し、

強く収縮した筋肉がそのまま固まってしまった状態がこむら返り

 

その筋力に筋線維が負けた時に肉離れは起こります。

 

このような発生機序で肉離れが

最も起こりやすい部位はハムストリングスです。

 

また走っている時、特に接地前後に生じやすいのです

 

肉離れが起こる原因をいくつかまとめてみると、

 

1、柔軟性の欠如、不適切なウォーミングアップやストレッチの不足など

2、左右の筋力のアンバランス

3、ランニングフォームの不良

4、不完全なリハビリテーションでの早期復帰など

 

また、ランニングフォームの不良として、その動きの特徴もいくつかあります

 

1、下腿の蹴りだしが大きく接地が遠い

2、胴体の前傾が大きい

3、接地中の膝の屈曲が深い

 

早期治療で安静にすること

フォームや体作りなども再発防止のために行う必要があります

 

当院でも治療、アドバイスさせて頂きますので、

お気軽にご相談下さいね


 交通事故(むちうち)やケガでお困りの方も

 

「学園前整骨院」

奈良市学園北1-1-11

グリーンビレッジ・イヴビル103

0742-31-1335(予約優先制)

 

投稿者: 学園前整骨院

2014.09.08更新

 
朝晩すっかり涼しくなり、食欲の秋の到来目前ですね

秋の味覚はとても楽しみですが、気になるのは

食べた後の下腹。。

気が付けば下腹がぽっこりしてきた・・なんてこと、ありますよね


下腹ぽっこりの原因のひとつは筋力の低下です。


下腹部の筋肉は運動をしていなかったり、

楽な姿勢ばかりしていると簡単に落ちてしまいます。

これに加齢による基礎代謝の低下や筋力の低下が加われば、

下腹はすぐにぽっこりしてしまうのです

また、骨盤などのゆがみも下腹ぽっこりの原因となります。

腹筋や大腰筋など下腹部あたりの筋力が低下すると、

それらについている骨盤がゆがんで、前に倒れてしまします。

これによって骨盤の前にある内臓が下垂し、

押し出されて下腹ぽっこりの原因となるのです。

 

美味しい秋の味覚を味わう前に、日ごろの姿勢や

運動不足を見直して、脱下腹ぽっこりを目指しましょう

当院では骨盤矯正も行っていますので、

お気軽にご相談くださいね

 

交通事故(むちうち)やケガでお困りの方も、「学園前整骨院」

奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-31-1335(予約優先制)

 

投稿者: 学園前整骨院

2014.09.05更新

 これから冬になると日没時間が早くなります
こんな時こそ注意が必要です!なぜなら夜間の事故が非常に多いからです
無灯火の自転車に気付かずに事故を起こしてしまう・・などなど。。

交通事故は、自動車だけでなく歩行者・自転車などの行動が原因となることもあります
交差点を通行する全ての人が、周囲をよく確認しながら、万一の場合にも対応できる速度で
無理せず通行するよう、常に心がけてください

そして、交通事故に遭ったとき
「まずどうしたらいい?」
「交通事故に保険は使えるの?治療費は?」
「こんな症状は何科へいったらいい?」
など、交通事故のどんな悩みにもご相談に応じます

当院は交通事故の痛みの専門家でもあります

数多くの交通事故の患者様に施術し、快方に向かわれております
(患者様のお声をご参照ください)
交通事故の痛みやむちうちをほっとくを後遺症が残りやすく、
軽微な事故でも生活に支障が伴うこともあります
交通事故に関して、どんな些細なことでもご相談ください
 
 
交通事故(むちうち)やケガでお困りの方は「学園前整骨院」
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103

0742-31-1335(予約優先制)



投稿者: 学園前整骨院

前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

TEL:0742-31-1335