2013.03.30更新

今日は、久しぶりにいいお天気 です。


3月ももう終わり…


「年度末で忙しいー!」という方も多いことでしょう。

そんな中、春らしくなってきて   
がきれいな季節になりましたね。

忙しい日々の息抜きがてら、身体を動かしがてら、時間を見つけて
桜を見ながらすこし近所をお散歩してみてはいかがでしょう?

寒さも和らぎ   がきれいなこの時期はお散歩にぴったりです♪

新年度に向けて少し身体を動かして、寒さで固まった身体をほぐしていきましょう!!

とはいっても、まだまだ朝晩は寒いので油断は禁物ですよ。


交通事故(むちうち)やケガでお困りの方は「学園前整骨院」へ
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-4-31-1335(予約優先制)

投稿者: 学園前整骨院

2013.03.28更新


今回は膝痛(スポーツ性によるもの)についてお話しします。

当院で治療できるスポーツ性による膝痛は6種類あります。
・オスグッド病
・腸頸靭帯炎(ランナーズニー)
・ジャンパー膝
・鵞足炎
・タナ障害
・膝内側側副靭帯
です。

では、これらの症状や治療法はどうするのか、今回は各々についてお伝えします。

・オスグッド病

10~18歳位に多く(特に男性)発症する膝の関節痛です。
膝のおさらの少し下の骨がポコッと膨らんで、スポーツ、特にジャンプやボールを
蹴ったり、走ったりすると痛むのが特徴で、休んでると痛みはありません。


受診されたらまず痛みの確認をチェックします。
(ジャンプ・ダッシュ・階段の昇降…どのような動きをすると膝が痛むのか。)
オスグット病といえども、1人1人で膝の痛みが違います。
また、レントゲンで「異常は見られない」場合でも、手技によって痛みの状態を確認し、
身体の歪みをチェックします。オスグット病は膝の痛みを発症するわけですが、
当院では身体全体の問題も診ていきます。(背骨の歪み・骨盤の歪みによる下肢の長さ、
全身の筋力バランスを整えていきます。)
そこから、低周波治療、温熱療法、必要な場合はアイシング、
手技により筋肉の緊張と疲労を取り除きます。

オスグット病の発症は、膝蓋骨(お皿と呼ばれる骨)と
膝蓋靱帯(お皿の下のすじ)を介し脛骨粗面に付着していることが原因
です。
強い刺激を与えると筋肉を緊張させるだけなので、
筋肉に軽い刺激(ゆっくり・優しく・柔らかく…)を与えることで、徐々に弛緩させていきます。
一通り身体を診た後、痛みの状態を診て、必要ならばテーピングやサポーターをさせて頂きます。


・腸頸靭帯炎(ランナーズニー)

原因はオーバーユースです。
過剰なトレーニングや、ウォーミングアップ不足、休養不足、トレーニング時の靴が合っていない等
が加味されると、さらに痛みがきつくなります。
マラソン選手だけではなく、バレエ・バスケット・水泳・自転車でも発症します。

症状は、膝蓋骨の外側に痛みが現れ、初期はランニング後に痛みが出るが、休むと消失する。
しかし、無理をしたり、治療をきちんとしないと、痛みが増え、治るのに時間がかかります。

治療は、低周波治療、温熱療法、アイシング(熱感がある場合のみ)、超音波療法、
手技による治療(マッサージ・ストレッチ)を施します。

一旦症状が出現すると、簡単には消失しないので、発症初期の決断・適切な休養は
その後の選手生命を左右するので、痛みを感じたらすぐに病院か整骨院へ行かれる事をお勧めします。

・ジャンパー膝

12~20歳、特に男性に多い。
大腿四頭筋の柔軟性の低下が要因の1つです。
成長期の長身選手は骨の成長に筋肉が追い付かず、筋肉が硬い結果、
そのストレスが末梢の膝蓋骨周辺に蓄積し、慢性・疲労性の障害です。

症状は運動時に発生する膝前面の疼痛と圧痛、局所の熱感、腫れがあります。
うつ伏せで膝を曲げると、大腿全面の突っ張ったような疼痛から逃れるためにお尻が上がります。

治療は段階により様々ですが、低周波治療、アイシング(熱感がある場合)、超音波療法、
手技による治療(マッサージ・ストレッチ)。
運動制限としては、運動後に痛みが生じる場合は、大腿全面のストレッチと局所のアイシング。
運動前後だとジャンプの禁止、膝と股関節を中心とした運動療法と局所のアイシング。
運動中に痛みがある場合は、月単位で運動を休んで頂くことと、足の筋肉のバランスを改善し、
痛みが消失してからトレーニングをします。


どの傷病をとってみても、違和感や痛みを感じたらすぐに病院か整骨院で受診して
治療して下さいね!
スポーツによる傷害は、こじれると予後が悪くなるところか、選手生命を絶たれることがあります。
息の長い選手でいてほしいと願っております。

次回は膝痛(スポーツによるもの)の続きをUPします。

交通事故(むちうち)やケガでお困りの方は「学園前整骨院」
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-4-31-1335(予約優先制)

 

投稿者: 学園前整骨院

2013.03.26更新


今回は当院で治療できる膝痛(成長性によるもの)をお伝え致します。

成長性によるものには2つあります。
半月板損傷(スポーツ時にもなったりします。)と膝蓋軟骨軟化症です。
では、各々について説明していきます。

・半月板損傷

主に10~30歳に多い。
幼児では膝の伸展障害として発症する事が多い。

膝崩れは前十字靭帯損傷や半月板損傷、膝蓋骨不安定症などでみられますが、
半月板損傷による場合は歩行中に方向を変えたりデコボコ道を歩いたり、
運動中に膝がガクッと外れたようになり膝の中で何かが滑った様に感じるのが特徴です。

初めての受傷で半月板に亀裂が入っても、小さな損傷の場合は無症状か疼痛のみです。
受傷を繰り返したり、捻りがきつく亀裂が大きくなると、膝のの課でクリック音がしたり、
半月板の断片が挟まって膝が伸びなくなり、また、関節に水が溜まったり、
半月板を強く損傷すると、受傷直後には血が溜まります。

半月板損傷は、膝の噛み合せを正常にするとロック現象や引っ掛かりは治まり、運動を開始出来ます。
当院での治療は、まず病院との連携を取ります。
その後、手術の対象にならない場合は、当院で治療をを受けて頂きます。
超音波や電気治療、手技による筋肉へのアプローチ、
最後にテーピングかサポータでの固定を行います。
スポーツをされてる方は休養を取る様に伝えることもありますが、損傷具合にもよるので、
膝に引っ掛かりを感じたら早めの来院をお勧めします。
早期だと、治療期間も短くて済みますよ。

 

・膝蓋軟骨軟化症

13~15歳の女の子に多く、膝の前方が痛くなる。

膝蓋骨遭脱臼や靭帯損傷、膝蓋大腿関節の形状異常を持っている患者さんが多いことから、
何らかの力学的な異常が考えられます。

初期には、膝蓋骨の違和感や膝蓋骨に引っ掛かる感じで痛みを伴わない事が多いのですが、
徐々にスポーツ時や階段昇降時に膝蓋骨周辺の痛みを訴えるようになります。
通常は片側性ですが、両足に生じることもある。

保存治療が基本です。個人差があり、疼痛が強くても、好きなスポーツに支障のない場合は
スポーツの制限は不要です。

治療としては、超音波治療、低周波、温熱療法、手技としてストレッチ(股関節周囲や大腿部)、
症状が強い場合はサポーターやテーピングで固定します。

日常生活の注意点は、階段昇降やしゃがみ動作など膝蓋大腿関節に負担がかかる
日常動作やスポーツ活動を避ける。
膝蓋骨用のサポータの装着、膝伸展位での伸展大腿四頭筋の筋トレを行う。
(膝を曲げてのこの訓練は逆に膝蓋大腿関節に負担をかけるので禁忌)

同じ引っかかりを訴える膝痛でも、傷病は様々です。
違和感や引っかかりを感じたら、ほっておかず、早めの来院をお勧めします。

次回は膝痛(スポーツによるもの)をお伝えします。
お楽しみに~

交通事故(むちうち)やケガでお困りの方は「学園前整骨院」
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-31-1335(予約優先制)



投稿者: 学園前整骨院

2013.03.22更新

今回は膝痛についてお話しします。

膝痛が起こると、日常生活に支障をきたしますよね…

歩く1歩目が痛い、立ち上がる時に痛い、階段の昇降時、何をしてても痛い、etc…。
何をするにも痛みが伴い、動くのが億劫になったり、精神的にもしんどくなったり、
大好きなスポーツを休まざるを得なくなったりと、色々な制限がかかってきます。

年代により、同じ膝痛でも内容は様々ですが、今回は当院で治療できる膝痛について、
それぞれにどのようなものがあるのかをお伝えします。

膝痛には大きく分けて、成長性によるものスポーツ性によるもの加齢性によるもの
があります。

では、膝痛にはどんなものがあるのかを説明させて頂きます。

次回は「成長期による膝痛」をお伝えしますので、お楽しみに~♪♪


交通事故(むちうち)やケガでお困りの方は「学園前整骨院」
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103

0742-31-1335(予約優先制)



投稿者: 学園前整骨院

2013.03.16更新

本日は、院長が午後より研修の為不在ですので

午後より休診とさせていただきます

ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願い致します


交通事故(むちうち)やケガでお困りの方は「学園前整骨院」
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-31-1335(ご予約優先制)


投稿者: 学園前整骨院

2013.03.15更新


今回は骨盤矯正についてUPします。

※当院の骨盤矯正はボキボキ鳴らしたりはしません。

筋肉をほぐしながら身体のバランスを調整し、骨盤を矯正しながら
歪みを取っていきます。

来院からの流れとしては、

①問診表をご記入頂きます。

②診察室へ入って頂き、カウンセリングで症状について詳しくお話しを伺います。

②そして、姿勢チェックで身体の全体のバランスを見ます。
※日常生活の癖による筋肉の付き方のバランスや張り方、
骨盤がどう歪んでるのか診て、原因を探ります。

③次に、矯正後、骨盤がどう締まったか、どれだけサイズダウンしたかを
知って頂きたいので、ウエストとヒップのサイズを測ります。

④手技により骨盤を矯正しながら、張っていたり硬くなっている所をほぐしていきます。
骨盤を支える筋肉のトレーニングをします。(内容には個人差があるので内容は割愛します)

⑤終了後、もう一度サイズチェックします。

⑥患者様の骨盤矯正にどのくらいの期間や回数がかかるのか、日常生活で気をつける点や自宅でやって頂きたい事などをアドバイスさせて頂いて終了です。

個人差はありますが、早い方だと5回目くらいで効果を感じて頂けます!
効果内容は様々ですが、パンツのサイズがダウンした!
                長時間座っていても腰が痛くならない!
                生理痛がマシになってきた!…etc。

効果を出して、それを維持してもらうのには通って頂くのはもちろんですが、
治療時間より日常生活の時間の方が長いので、日常生活の中では
こちらが提案したことを、意識して頂ける様お願いしております。

★★今から始めれば、夏までに間に合う★★

当院では2回目以降から使って頂ける回数券を販売しております。

回数券を購入頂いた方全員に、骨盤ベルトをプレゼントさせて頂きます♪♪


           


ご不明な点やお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。

ご連絡お待ちしております。

交通事故やケガでお困りの方は「学園前整骨院」
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-31-1335(ご予約優先制)



投稿者: 学園前整骨院

2013.03.13更新


骨盤矯正の回数券が新しく増えました!!

骨盤矯正5回券(骨盤ベルト付き)  ¥15,000  です。

回数券を購入された方全員に、骨盤ベルトをプレゼントさせて頂きます


☆骨盤矯正の勧め☆

近年、骨盤をピックアップした記事やTVの特集を目にすることは珍しくありません。

この骨盤、一体どんなものなのでしょうか?

骨盤は寛骨(腸骨+恥骨+坐骨)・仙骨で形成されています。
女性の場合、骨盤の中には子宮や卵巣(男性の場合は前立腺)、膀胱・直腸などがあり、その他にも
重要な動脈や静脈、神経も走っていてそれらを守る働きがあります。
骨盤は背骨の土台でもありますので、ココが歪むと背骨の歪みを生じさせ、
プラス、骨盤周りの筋肉が衰えたりすると、内臓が落ちて圧迫され
本来の働きが阻害されます。

女性にとっては子宮や卵巣といった、妊娠・出産に大切な臓器を守る強固な城壁の役目もあり、
出産時には、仙腸関節や恥骨結合、仙骨等が微妙なバランスで開いていき、
胎児が通りやすくなります
ので骨盤が歪んでいると、出産時にも影響します。


通常、女性の骨盤は自律神経により緩んだり締まったりを繰り返すので、
ストレスが溜っていたり、
朝夜の逆転生活を送っていたりすると骨盤の調節が出来なくなり、
生理不順や酷い生理痛、
不妊の原因になったりもします。

よく骨盤が開くと言いますが、骨盤はそれ自体が開いたり閉じたりすることはありませんので、

何センチも大きくずれたりはしません。

実際は、内転筋や腹斜筋が衰えると恥骨結合が開き、骨盤が広がります。


自律神経には、交感神経と副交感神経があり、
朝は交感神経の働きにより骨盤が締まり、
夜は副交感神経の働きで緩みます。

生理周期によっても緩んだり締まったりします。
骨盤が次第に締まることで排卵を促し、徐々に緩んで生理が始まります。

また、妊娠・出産においても重要な役割があります。
妊娠中、体内では「リラキシン」というホルモンが分泌され、仙腸関節(骨盤を構成する関節)が
徐々に緩んでいきます。
骨盤腔が広がり、胎児を包み込むような形となり、徐々に大きくなっていく
胎児を子宮がきちんと支えられるようになります。

出産時には最大に広がり胎児が安全に産道を通れるようになります。
産後の骨盤矯正が大事なのには、女性の持つ特別な骨盤の機能があるからです。
開いた骨盤を正常に自然に戻すには数か月かかります。

この数ヶ月間で変に歪んでしまわないように骨盤矯正は有効的で、
自然に戻す力を借りながら、子育てや日頃の癖で骨盤が歪まないようにします。

骨盤が緩んだ出産後こそ、骨盤を矯正するチャンスです!
緩んだり広がったりのままだと、腰痛になったり、生理痛、自律神経の乱れ…
等、色々と症状が出やすくなります。

本来の身体の調子を整えれば、生理痛や自律神経の乱れ等の不定愁訴や
腰痛や頭痛、不妊などの器質的な痛みや悩みも無くなります。

どれか一つでもお困りの方は、一度治療を受けてみてはいかがですか?

次回は当院の「骨盤矯正」についてUPさせて頂きます。


投稿者: 学園前整骨院

2013.03.11更新


今回は「交通事故によるむちうち」についてです。

~交通事故によるむちうちについて~

むちうちの正式な診断名は頸椎捻挫です。

頸椎捻挫とは…

衝撃により首が鞭のようにしなり頭が振られるために起こる、
周囲の靭帯や首の骨の関節が損傷している状態
を頸椎捻挫と言います。

むちうちの全体的な特徴としては首から上に症状が出ることが多いです。

追突事故による頸椎の過伸展によるものをむちうちといい、

軽い場合は首の靭帯や筋肉、椎間関節の軽度の損傷が見られますが、
酷い場合は、神経根症状や脊髄に障害が起こると手の痺れや知覚障害が現れます。
自律神経が障害されると、頭痛・吐き気・めまい・耳鳴り・顔のほてりといったものがあり、
さらにいくと倦怠感・疲労感・不眠といった精神的な不調を訴え、うつ病に進行します。

受傷直後であっても、病院で精密検査を受けると、脊髄が障害されている場合には
MRIにより診断が可能ですが、それ以外の症状はX線検査やMRIで異常はみられません。

むちうちの特徴として、レントゲンでは解からないケースが多いというのがあります。
なぜレントゲンで分からないのかというと、骨ではなく筋肉を痛めている
からなのです!

受傷直後は、神経が興奮状態になってますので、痛さやしんどさを感じる事が
少ないですが、しばらくして落ち着いてくるとこれらの症状が現れ始めます。

 

※もし病院で骨や脳に異常がないと言われても、
身体に重い感覚や違和感がある時は、
当院へお越し下さい。

事故の状況をお伺いし、お身体の状態を診させて頂き、
これから症状が出てくるであろう場所を施術致します。

事故直後にきちんと治療をしておかないと、
数年後に「首が痛い…」「頭痛がする…」等のと後遺症に悩まされます。

後悔をしないために、今できる最大限のことをしておきましょう!!

「交通事故は自費で行かないといけない」とか「病院じゃないといけない」とか
思ってらっしゃる方が多いですが、

そんなことは一切ありません!!

医療機関を選ぶ権利は医療を受けられる方にありますし、
病院だけでなく、整骨院も交通事故の保険(自賠責・任意)で施術を受けていただけます。

今の通院や施術に不満や疑問をお持ちの方は、一度当院にご相談下さい。
病院と併用して通って頂く事ができます。

 むちうちは見た目のケガではないので、周囲の人に理解してもらえないことがあり、
サボってると思われる
事もあるとお聞きします。

そんなことは絶対ないのに…。身体にもケガを負い、心も傷つくなんて…。

当院では、あなたの気持ちに寄り添い、身体の痛みや不快感、
心身共に辛い所がなくなるまで全面的にサポート
させて頂きます。


どれだけ気をつけていても、遭ってしまうかもしれない交通事故…
なるべくなら遭わないでいてほしいです!
でも、交通事故に遭ったらやるべき事についてお話しさせて頂きました。


交通事故やケガでお困りの方は「学園前整骨院」
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103 

  
0742-31-1335(予約優先制)

投稿者: 学園前整骨院

2013.03.09更新

妊婦の受付でございます<(_ _)>
いやはや~
今まで当院でも妊婦さんやママさんたちの辛い痛みに向き合ってきた当院ですが・・・
いざ、自身が妊婦になって感じたことは・・「本当に妊婦は大変!!」

お腹が大きくなってくるにつれて、腰は張るし、それに伴って肩や首が痛い!!
何かあると心配になるので、≪運動しなさい!≫と言われても安静にしてしまうetc・・
そうなると、体中の血流が悪くなり下半身が特に冷える→逆子になっちゃう
あっ!これ私の実体験です(すべての方がそうだとは限りません)

院長に相談して、とにかく下半身の冷えを解消するべく施術して頂くこと数回・・
(実はものすごく痛かったです。。だって血流が悪い上に老廃物の温床な足になっていたのですから・・)
すると見事に逆子は解消していました!
そして嬉しいことに肩と首の痛み・コリ感も少し減少していました

そしてまわりの先輩ママさんのご意見多数!赤ちゃんだっこによる腱鞘炎!
これにもいち早く対応しないと慢性的ないたみになってしまうと後が大変です!

ツライと悩んでいるママさん&プレママさん、一度ご相談ください
当院でお役にたてることがあるかもしれません

交通事故(むちうち)やケガでお困りの方は「学園前整骨院」

奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103 

 0742-31-1335(予約優先制)

受付時間 月~金9:00~12:30 15:00~20:00

       土曜日9:00~12:30 13:00~17:00


 


 

投稿者: 学園前整骨院

2013.03.08更新


何度かお話しさせて頂いているように、

交通事故の症状が、その日の内に出ない方がいらっしゃいます。

症状がなければそれでいのかと言うと、そうではありません。

直後は興奮状態なので、感じていない方が多いだけなんです。

たまに、スポーツ選手が試合中にケガをして、そのまま試合を終え病院に行ってみると、

骨折や靭帯を損傷していた!

なんて話を聞きますよね~。普通で考えたら痛くて動けるはずがないのに、

試合中ともなれば、それを感じさせないほどの興奮状態であったと考えられます。

交通事故に遭った直後も同じです。事故に遭ったショックで、神経が興奮状態になり、

痛みを感じません。

交通事故の衝撃、皆さんどんなものかご存知ですか?

時速40kmの衝撃を受けることは、高さ6.3mから落下した時の衝撃と同じ
なんです。

このような衝撃を受けて身体に何もない訳がありません。。。

なので、事故直後に何もなかったとしても、一度病院か整骨院に行くべきです。

何度も言うように、事故直後は神経が高ぶっていて感じない事が多いのです。

後遺症に悩まされたり、後から症状が出て自己負担で病院通いになったりしないようにして下さい。


次回は「交通事故によるむちうち」についてお話しさせていただきます。


交通事故やケガでお困りの方は「学園前整骨院」

奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103 

 0742-31-1335(予約優先制)

 

投稿者: 学園前整骨院

前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

TEL:0742-31-1335