2011.05.20更新

ちょっと忙しくてブログをサボると、すぐサボり癖がついていけませんね~(汗)
 

今日は 『むくみ』について。。


私、受付もそうなんですが・・

足、浮腫むんですよね~なみだ

ふくらはぎがダルく、腫れぼったくて重い。。。


『むくみ』とは・・

体内では、血管の内外で水分の移動が行われ、水分量は一定に保たれるような仕組みになっています

細胞への栄養や酸素は、体に張り巡らされた毛細血管を通り運ばれ、

不要になった老廃物はリンパで吸収されます。

しかし

何かの原因により、水分移動がうまくいかなくなり、

血管外の皮下組織に水分が溜まってしまうことがあります。

これが、「むくみ」になります。


ふくらはぎを指で押すと戻らない、靴下の跡がなかなか消えない場合は

むくみの可能性大です

デスクワークの人、立ち仕事の人は、夕方になると足がむくみ、

お風呂に入ってゆっくり温まったり、休息をとったりすることで、軽減されていきます
 

顔や下半身、足のむくみが、長引きひどい場合や他にも症状がある場合は、病院での検査が必要になります


足を含めふくらはぎの働きは血液を全身に酸素や栄養を送るためのポンプの役割をするのが、

ふくらはぎの筋肉です。

このふくらはぎの機能が衰えた時に、血管内外での水分のやりとりがうまくいかなくなることが多く、

ふくらはぎのだるさや足のむくみが表れやすくなるのです

そして実は・・・ふくらはぎの筋肉は、腰の働きにとても影響されやすいのです。

腰痛の人、または腰痛の前兆では、腰を支える筋肉の硬さに左右差が出るケースが多いです

それに伴い、骨盤の高さや股関節の位置の左右差が大きくなったり・・と、

腰を支える機能にアンバランスが生じます

この時、重心のズレから、ふくらはぎの筋肉が、大きな負担を強いられることになりかねません。

足やふくらはぎのむくみの解消は、血行不良の改善にありますが、

それは腰をケアすることで、改善が早まる可能性もあるということです

腰痛の人の中には、徐々にふくらはぎの張りやむくみを感じるようになったというケースがあるように、

「腰が最近重いかな? 」と感じたら、むくみの出る可能性がありますので、

早々に腰をメンテナンスしましょう。

                                                  参考:ALL Aboutより

身体ってホントに【どこかだけ】(肩だけ、腰だけetc)なんてないんですね~ayumi

投稿者: 学園前整骨院

2011.05.09更新

こんにちは~ ここ最近なんだかとても暑い日が続いてますね~

近所を歩く人を見ると・・・、

杖をついて歩いている方、膝があがりにくくなっている方

をよく見かけます

今日はその足のひざの痛みについて。。


ひざに痛みをもたらす病気はいろいろなものがあります

その中でも、もっとも多いのは

立ち上がる時や、階段の昇り降りの際に

ひざの内側に痛みが生じる


「変形性膝(ひざ)関節症」です


変形性膝関節症は

中高年の肥満の方や中腰で仕事や作業をする方に多くみられ

<生活習慣病のひとつ>ともいわれています

徐々に痛みが増して、ひざに腫れや熱が出たり、夜中にも痛みが続くようなら

医療機関によく相談してください


そもそも、変形性膝関節症は

症状が急激に悪化することはなく、ゆっくりと進行していきます

しかし

ひざの痛みが続くと→足を動かしたくなくなる→太ももの筋力が落ちる

→ひざがぐらつく→歩くのが困難になる

という、悪循環になります

こうして坂道を下ることもきつくなってしまうのです

こうした、ひざの痛みを和らげるのは

『日常生活の工夫』と『ひざの体操』が大変効果的です

<日常生活の工夫>

心がけること=ひざに負担をかける動作をしない

     ①重いものを持ったまましゃがんで歩く

     ②長い道を無理に歩く

     ③階段の昇り降りを何度も繰り返す

①~③すべてダメ!!×です

そして・・

肥満の方!!体重を落として下さい!!

適正体重まで落とす努力をしてください!

適正体重とは・・身長(m)×身長(m)×22 で計算してください

たとえば、身長が160cmの人は

適正体重・・・1.60(m)×1.60(m)×22=56.32(Kg)になり

56kgを目標にダイエットしましょう!となります

そして

<ひざの体操>

朝、目覚めた時についでにやってもらって、習慣づけることが一番!効果的です

ひざをのばす、腿(もも)の筋肉(大腿四頭筋 だいたいしとうきん)を鍛えましょう

床の上で膝を伸ばして座ります

太もも全面を手でつかみながら、ひざの裏を床に押し付けるように

太ももの筋肉に力をいれます

足のつま先は上にそらして、行うといいです!

体操は5~10秒間力をいれたあとに、5~10秒間休むことを1セット

朝晩、10セット位してください。慣れてきたら20セットをしてください

ポイントは、ひざが曲がらないようにしっかり太ももを伸ばすことです!

また、お風呂の中でも

ひざを壁につけのばし、太ももの筋肉に力をいれます。1分間で10~15回してください

その後、出来たら、ひざの曲げ伸ばしを10~15回してください。

こんなことも、当院ではご指導させてもらいつつ、施術していきます

また、すでに痛みから病院で「ヒアルロン酸注射」をされている方もご来院されます

いつでもご相談ください


投稿者: 学園前整骨院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

TEL:0742-31-1335