2018.12.20更新

 

寝室の最適な湿度は50%前後が理想的leaf

 


冬は空気がとても乾燥します。

特に太平洋側は乾燥が顕著です。

寒さばかりを気にしてエアコンや電気ストーブなどを使うことで

室内の湿度はますます下がります。

快適に眠るためには、寝室の湿度を50%前後に保つことが勧められています。

湿度が低く乾燥しすぎていると、鼻やノドの粘膜を痛めて睡眠の質が悪くなります。

そのため、加湿器を使ったり濡れタオルをかけたりして、湿度を調整する必要があります。

とはいえ、加湿しすぎも禁物です。空気に含まれる水の量が一定だと

気温が下がるにつれ湿度が上がります。

そのため、眠るときはちょうど良い湿度でも、加湿器を点けたまま眠ると

明け方に気温が下がったときに湿度が高くなりすぎて

結露してしまうことがあるのです。

結露するとカビが生えて、喘息やアレルギーが悪化し

不眠の原因になることがあります。

そうならないためにも、湿度計で寝室の湿度をチェックして

不要なときには加湿器を止めましょう。

 

結露がカビの原因になったりしてそれが素で

体調を崩すなんて事になってしまっては

もったいないのですよね?

 

 

当院では声を大にしてお伝えしているのですが

皆さん!普段から冷えない身体作りをしましょう。

毎日簡単なストレッチ、毎日の入浴・・・

ほんとに簡単な事です。

面倒くさがらず実践してみてください。

私は毎日数時間起きに背伸びをしています。

これだけでも縮こまった身体が伸びるのでとても気持ちがいいですよflower2

 

 

 

 

 

富雄より電車で一駅
あやめ池より電車で一駅
学園前駅より徒歩1分

阪奈道路や第二阪奈道路からも10分

通勤・通学のお帰り際に

交通事故(むちうち)やケガでお困りの方も、

『学園前整骨院』

奈良市学園北1-1-11 
グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-311-335

 

 

 

投稿者: 学園前整骨院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

TEL:0742-31-1335