2018.12.13更新

冬の寝室の快適温度は16~19度が理想的moon


温かい居間で過ごした後に寒い寝室に入ると

交感神経が刺激されて目が覚めてしまい、寝つきが悪くなります。

冬の寝室の温度は「ナイトウェアに1枚はおって寒くない程度」が

良いとされていますが、具体的な目安は何度くらいなのでしょうか。

実験によると、布団や毛布を使うことによって

室温が3度まではよく眠れるとされています。

ただし、室温が低いと呼吸によって肺が冷やされて

体温が下がりすぎ睡眠の質が悪くなります。

そのため気持ちよく眠れる室温は、16~19度の範囲といわれています。

 

室温よりも睡眠に関係するのが、布団の中の温度。

人が入ると布団の中の温度は急上昇し、そのあと安定します。

気持ちよく眠っているときには、ほぼ32~34度に保たれています。

布団の中が暑くなると、寝返りをうって布団の中の空気を入れ替えて温度を下げています。

また、布団が冷えすぎていると人が入っても

なかなか温度が上がらず、寝つきが悪くなります。

そんなときはあらかじめ、電気毛布や湯たんぽで布団の中を温めておきます。

ただし、電気毛布をつけたまま眠ると

睡眠中の自然な体温変化が妨げられるので、眠るときにはスイッチを切りましょう。

 

 

◆寒い寝室の健康リスク……脳卒中や心筋梗塞の危険も
年齢によって、快適と感じる寝室の温度には特徴があります。

若い人は室温が高めのことが多く、高齢者は低めにしがちのようです。

高断熱の住宅で育ってきた若者は、寝室も温かくしておくものと思い

高齢者は眠っている間に部屋を暖めておくのはもったいない、と思うからでしょう。

 

高齢者は室温が低い代わりに、衣類を多く着て布団もたくさんかけて眠ります。

下着と寝間着を合わせて5枚以上も着たうえに

毛布や電気毛布、厚い布団にくるまっている人もいます。

布団の中の温度からいうと、部屋を暖めても布団をたくさんかけても

同じ効果なのですが後者では気をつけなければいけないことが2つあります。

まず布団が多いと重くなり、寝返りが妨げられます。

寝返りは布団の中の温度や湿度を調整するほかに

睡眠の段階を替えるきっかけにもなっています。

ですから自然な寝返りができないと、睡眠の質が悪くなってしまうのです。

さらに、布団の中と部屋の温度に大きな差があると目覚めて

布団を出たときに血圧が急上昇し、脳卒中や心筋梗塞の危険が高くなります。

高齢者はもともと血圧が高く動脈硬化が進んでいる人が多いので

夜中や明け方に起きてトイレへ行くときは、十分に気をつけてくださいrabbit

 

 

 

 

富雄より電車で一駅
あやめ池より電車で一駅
学園前駅より徒歩1分

阪奈道路や第二阪奈道路からも10分

通勤・通学のお帰り際に

交通事故(むちうち)やケガでお困りの方も、

『学園前整骨院』

奈良市学園北1-1-11 
グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-311-335

 

 

 

 

投稿者: 学園前整骨院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

TEL:0742-31-1335