2018.12.11更新

 

前回パート2ではむくみを緩和するには様々あるとお話しましたが

今回は靴に入れて使うインソールのお話をします。

 

靴を「足をサポートできる靴」に変えるインソール活用法
足裏をサポートする機能が不足している靴の機能不足を補うのに有効なのが

「インソール」です。インソールにはオーダーと既製品があります。

オーダーは目的に合わせて設計できますし、既製品には様々な機能があります。

むくみ改善のためだけにいきなりオーダーはハードルが高いかもしれませんので

まずは既製品を試してみて、ある程度効果が実感ができてから

検討するようにしてもよいかもしれません。

既製品を試す場合、ふくらはぎの筋肉疲労を軽減してくれるものの選び方の目安として

「足裏のアーチをどのようにサポートしてくれるか」を見るようにしましょう。

なるべく広くアーチを支えてくれる形をしていて

かといってアーチを持ち上げすぎていない物を選びましょう。

アーチのバランスはとても繊細です。

持ち上げればいいというものではありません。

持ち上げすぎてバランスが崩れると、別のトラブルにつながりかねないのです。

 

 

◆まとめ
すでにリンパマッサージなどを行っているものの

つらいむくみが改善されない場合、毎日の靴環境を見直してみてください。

足裏にフィット感を感じられる靴を選んだり

足裏を適度にサポートできるインソールを使用したりすることで

姿勢を保つための筋肉の疲労が軽減でき

筋ポンプの機能を発揮しやすい環境を作ることができます。

また、筋ポンプは歩かなければ機能しません。

そもそもほとんど歩かないという方は、少しずつ歩くところから始めましょう。

動くことでリンパは休んでいるときの10倍も活動するそうですburn

 

 

 

 

 

富雄より電車で一駅
あやめ池より電車で一駅
学園前駅より徒歩1分

阪奈道路や第二阪奈道路からも10分

通勤・通学のお帰り際に

交通事故(むちうち)やケガでお困りの方も、

 

『学園前整骨院』

奈良市学園北1-1-11 
グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-311-335

 

 

 

 

投稿者: 学園前整骨院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

TEL:0742-31-1335