2018.12.03更新

今日は「みかんの日」だって、ご存知でしたか?
全国果実生産出荷安定協議会と農林水産省が制定。
「いいみっか(3日)ん」の語呂合せで、11月3日と12月3日を「みかんの日」と

全国果実生産出荷安定協議会と農林水産省が制定したそうですorangeorangeorange

 

 


冬の果実の代表でもあるみかん、栄養たっぷりなんですよ。

みかんにはフラボノイド成分が多く含まれていて、それらが個々に様々な効果を示してくれます。
代表的なものがヘスペリジンであり、ビタミンPとも呼ばれている成分の一つです。
ヘスペリジンはみかんの袋や皮に特に多く含まれているフラボノイドであり、
血行の促進に良い効果があるとされています。毛細血管の拡張を促す作用があり、
身体の隅々にまで血液が行き届くようにして栄養を届け、老廃物を除去することができるのが特徴です。
これによって全身の健康状態を高められると共に、むくみの解消を期待することができます。
この他にもフラボノイドとして抗酸化作用の強いものが多く含まれていて、
代表的なノビレチンは血糖値の調節や動脈硬化の予防にも良いとされている成分です。
このようなフラボノイドは果実よりも袋や皮に含有されているため、
食べにくいでしょうが袋なども一緒に食べるに越したことはありませんehe

 

 

また、代表的な温州みかんにはシネフィリンと呼ばれる成分があり、

風邪の予防や症状の改善に対して効果を発揮するとされています。

風邪にはみかんが良いという民間療法がありますが、

その根拠ともなっている成分の一つです。
また、みかんに含まれている栄養として一般的に

よく知られているのは、ビタミンCとβカロテンです。
ビタミンCの含有量は特に多くなっていて一個食べるだけで
一食あたりに必要とされる量の四分の三程度を摂取することができます。
水溶性で過剰に摂取しても排出されてしまうため、

こまめに摂取することが大切なのがビタミンCです。
気軽に食べられるみかんから摂取するのは合理的な方法になります。
一方、βカロテンは身体の中でビタミンAに変換され

目の健康を維持するのに用いられる成分です。
肌や粘膜の維持や改善にも有用な成分として知られています。
βカロテンはみかんの色素成分の一つとしての役割も果たしているのも特徴です。
同じような色素成分としてβクリプトキサンチンも多く含まれていて、
ガンの対策として役に立つことも知られています。


美味しいうえにこんなに栄養価も高いみかん、まさに今が美味しい季節です。
手が変色するまで食べ過ぎてしまうのは良くないですが、
適度な量を毎日味わって、健康維持に役立てましょうねheart3

 

 

 

富雄より電車で一駅
あやめ池より電車で一駅
学園前駅より徒歩1分
交通事故(むちうち)やケガでお困りの方も、
『学園前整骨院』
奈良市学園北1-1-11 
グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-311-335

 

投稿者: 学園前整骨院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

TEL:0742-31-1335