2018.10.10更新


体調管理が難しい時期を乗り越えましょうglitter3


冷え症は寒い時期の代表的な症状ですが

夏場では服装や食事が「冷え」に対して無防備になりがちで

低めの温度のエアコンや冷たい飲み物、食べ物などにより

体温の低下や血行不良を起こす人が多く見られます。

 

10月に入り、体には夏の疲れが溜まっているうえ

昼夜の気温変化も激しくなります。

季節の変わり目にはしっかりとした体調管理をしないと

「冷え」による思いがけない体調不良につながります。

 

「冷え」と「自律神経の乱れ」に注意
ここ数日夏の様な暑い日もありエアコンを付けていた方もいたんじゃないでしょうか?

エアコンを長時間使用していると、自律神経系の交感神経が働き

体温を体の中から逃がさないように血管が収縮します。

このため血流は悪化して、冷え症を起こすのです。

また、自律神経の乱れは、他にも基礎代謝や新陳代謝を低下させてしまいます。

 

冷えた身体を温めるには入浴する事が一番簡単ではないでしょうかrabbit

又、飲み物を冷たい飲み物から温かい飲み物に変える・・など。

雨が降ったり夏日だったり、なかなか過ごしやすい気候にはなりませんが

冷やさない生活を心がけましょう♪

 

 

 

富雄より電車で一駅
あやめ池より電車で一駅
学園前駅より徒歩1分

阪奈道路や第二阪奈道路からも10分

通勤・通学のお帰り際に

交通事故(むちうち)やケガでお困りの方も、

 

『学園前整骨院』

奈良市学園北1-1-11 
グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-311-335

 

 

 

投稿者: 学園前整骨院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

TEL:0742-31-1335