2018.01.13更新

今回は前回の生活編から

<冷えないカラダ>をつくる為に心掛けたい「運動」面のおはなし。

 

冷えない身体をつくるためには・・・

 

1、まめにカラダを動かす


  当たり前の事ですが運動すると血流がよくなります

  ちょっと1駅歩く、階段をつかうなどちょっと気をつけるだけでも全然違います

  また同じ体勢をとっていると血流が悪くなるので

  1時間に1回は姿勢を変えるようにしたり

  見落としなのが、家での座る位置!

  いつも同じ位置の椅子に腰かけていたりしませんか?

  そんな方は、家族で「席替え」しましょう

  また、足を組むクセのある人はできるだけ組まないようにしてください

 

2、ストレッチやマッサージをしましょう!!

  ストレッチはすると血流が良くなり

  皮膚を刺激することによるリラックス効果もあります

  また、筋肉がほぐれ疲労改善にも役立ちます

  運動した後は特に腰から足を重点的にしましょう

  朝起きた直後、寝る前など時間を決めてするとより効果的です

  マッサージは本当は自己流で行わずに整骨院で!

  きちんと身体の事を熟知した先生に行ってもらう事を切に願います

 

3、お風呂にしっかりと浸かりましょう

  疲れていてもシャワーよりお風呂につかるようにしましょう

  時間があるときは38~40度のぬるめのお湯に

  20分から30分くらい、半身浴をするのもおすすめです

  温冷浴や市販の入浴剤も湯冷めしにくく、血行改善にオススメです。

  入浴剤の代わりに、お酒、お酢をいれても良いでしょう

  お風呂のなかで腕や足のストレッチをしたりすることもいいですね

 

 

運動は「無理のないところから」を心がけて下さい

たとえば、階段ひとつをとってみても、階段は上りでも下りでも

平地を歩くエネルギーの約20倍のエネルギーを使うといわれています

長続きさせることのほうが重要です

 

 

交通事故(むちうち)やケガでお困りの方も、
「学園前整骨院」
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-31-1335(予約優先制)

  

 

投稿者: 学園前整骨院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

TEL:0742-31-1335