2017.09.14更新


雨の日が続くと体がだるくなったり、頭痛がすることがあります。

 

雨による身体のだるさや頭痛は、天気や気圧の変化で起こるものとされています。

原因としては、次のようなことが考えられます。

 

●体内の水分の巡りが悪くなる
●気圧の変化
●自律神経の乱れ
●血管の収縮
●セロトニンの不足


雨の日が続くと、体調が優れないだけではなく気分も滅入ってしまいます。

これは日照時間の変化で自律神経の乱れることが影響しています。

自律神経には体が起きて動いている時に働く「交感神経」と

体や脳がリラックスいている時に働く「副交感神経」があります。

自律神経は敏感に反応するため、気圧や気温の変化で乱れてしまうことがあります。

そのため、季節の変わり目には影響をうけやすくなります。

また、脳内神経伝達物資である「セロトニン」不足も影響しています。

セロトニンは、目に日光が入ると分泌量が増えて脳が活性化します。

ですが、雨の日は日光が射さないため、セロトニンの分泌量が減ってしまいます。

セロトニンの分泌量が減少すると心のバランスが悪くなり

うつ状態になりやすいとも言われています。

 

 

もうすぐ三連休ですが、台風の影響で雨の予報ですね!

おうちの中で出来る簡単なストレッチをして

気分転換するのもいいですねrabbit

 

交通事故(むちうち)やケガでお困りの方も、
「学園前整骨院」
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-31-1335(予約優先制)

 

 

 

 

 

投稿者: 学園前整骨院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

TEL:0742-31-1335