2017.04.18更新

春先になり暖かくなってくると襲ってくるのが花粉症。

最近はヒノキの花粉でお辛い方も多いと思いますnamida 

一般的に雨の日は晴れた日よりも花粉症が楽になると考えられがちですよね。

 

しかし、花粉症で悩んでおられる人の中には

晴れて花粉の飛散量が多い時よりも雨の日で花粉が少ない時の方が

なぜか花粉症の症状が悪化してひどくなる人も多いと思います。

 

これは一体なぜなのでしょうか??sun

今回は雨の日に花粉症が悪化してひどくなる理由とその対処法をお伝えしたいと思います('ω')ノ。

 

rain雨の日に花粉症が悪化し、ひどくなる理由

 

まず結論から言いいますと・・・

 

この雨の日の花粉症の悪化には気圧が関係しています。

 

晴れた日は気圧が高いのに対して雨の日というのは気圧が低くなるのは皆さんご存知ですよね。

 

そして人間の体というのは気圧が下がると体内でヒスタミンという物質がたくさん分泌されます。

 

このヒスタミンこそがアレルギー反応や花粉症を引き起こす物質ですから、

晴れて気圧の高いときより雨で気圧の低い時のほうが花粉症の症状がひどくなるのです。

 

rain雨の日にひどくなる花粉症に対する対処法

 

 雨だからといって家の外でマスクは外すのは絶対にダメです。

 雨の量や強さなどにもよりますが、花粉は微量ながらも飛んでいます。

 

体内のヒスタミン量が増えているのですから、少量の花粉にも身体は反応してしまいます。

 

つまり雨の日は「花粉量がダウン」「ヒスタミン量がアップ」となり、

結局プラスマイナス0なので花粉が少ないからといって花粉症が楽にならないのです。

 

 特に就寝時は少しくらい息苦しくても必ず付けたままで就寝して欲しいと思います。

 雨の日に花粉症の症状が最も悪化するのは野外じゃなくて室内。それも寝る時が一番つらい。

 

つまり花粉というより室内のホコリやダニなどのハウスダストに体が異常反応してるのだと思います。

 雨の日は気圧の関係で体内のヒスタミン量が増え、身体は一層過敏になりアレルギー反応が出やすい状態に。

 

そのため普段はそれほど反応しないホコリやダニなどのハウスダストなどに異常反応するために、

花粉症の症状が酷くなったように感じられるのだと思います。

 

雨の日、晴れの日関係なくマスクをし生活をするのが良いでしょう!(^^)!

マスクをつけ少しでも快適に過ごし、春を楽しみましょうflower2

 

交通事故(むちうち)やケガでお困りの方も、
「学園前整骨院」
奈良市学園北1-1-11 グリーンビレッジ・イヴビル103
0742-31-1335(予約優先制)

 

投稿者: 学園前整骨院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

TEL:0742-31-1335